2014年1月24日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

利尻・礼文の旅 2012/夏 (193) 「美しく青きオホーツク海」

 


道は流れて東へ西へ

道道 49 号線は、下川町からやってきた道道 60 号線と合流して、オホーツク海へと向かいます。


……が、ものの数分ほどで再度分岐します。道道 60 号は幌内川沿いに北へ、そして道道 49 号は「上幌内越峠」沿いに東へと向かいます。ここから北に回るのは遠回りになるので、引き続き道道 49 号線を東へと進みます。


いやー、それにしても相変わらずいい天気です。



とっても寒そう

「五十寒橋」と書いて「いそさむ──」と読ませる橋がありました。雄武川支流のイソサム川を越える橋なのですが、うまい字を充てたものですね(笑)。

「イソサム」の由来については 2013/12/22 の記事もご覧ください。




国道 238 号へ

仁宇布(美深町)からおよそ 35 分ほど走ったところで、オホーツク海沿いを走る国道 238 号が見えてきました。


右に曲がって、興部(おこっぺ)を目指します。


興部まではおよそ 18 km。すごく近いですね(距離感覚麻痺中)。



美しく青きオホーツク海

晴れ渡った秋の空、そして……


穏やかな海を眺めながら、興部に向かいます。


前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事