2014年1月27日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

利尻・礼文の旅 2012/夏 (194) 「道の駅『おこっぺ』」

 


興部で給油を

13 時を少しまわったところで、興部に入ります。


ここからは西興部村に向かうのですが、ガソリンも少なくなってきていたので、ここで給油です。


Day 2 に音威子府で満タンにして以来の給油で、その間およそ 700 km。さすが北海道だけあって悪くない数字です。


この車のハンドルを握って 5 年になるのですが、こんな表示は初めて見ました。



道の駅「おこっぺ」

ガソリンを給油して、西興部村に向かう国道 239 号を走っていると、「道の駅 おこっぺ」の案内が見えてきました。


そう言えば、まだ昼ご飯を食べていません。ちょうどいい時間なので、ちょっと寄ってみましょうか。……ということで、車を停めて道の駅に向かうと……おおっ!


なにやら見慣れない色のディーゼルカーが保存してあります。プラットホームのようなウッドデッキがありますね。別アングルからもう一枚。


二両編成のようですが、車両と車両の連結部に説明板がありました。


「ご利用のご案内」とあります。ふむふむ、宿泊施設や休憩所として使用されているのですね。これ自体は良くある話なのですが、「この施設は無料でご利用できます」というのは凄いですね。これ、タダで泊まれるってことですよね?



あれ、これは……?

一般的に、風雨に晒されたまま動かなくなった鉄道車両というものは、あちこちが腐食したり塗装が剥がれたりと、なかなか維持も大変なのですが、そう言えばこの車両も塗装が剥がれているところがありました。


これは……錆びているのではなく、昔の塗装ですよね。クリーム色と朱色のツートンカラー、国鉄時代の塗装が下に隠れていたのですね。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事