2016年5月23日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

新十津川→京都 1568.9 km (16) 「まるでグランクラス!?」

 


「1568.9 km」「あと残り 825.9 km」などと言いながら三日ほど 1 mm も進んでいないのですが(ry



驚きのゆったり空間が!

秋田から新潟に向かう「いなほ 8 号」の 1 号車(グリーン車です)に乗り込みました。車内に入ると……わぁお!


2 列 + 1 列のゆったり空間が! 2 列シートはこんな感じです。



画期的な「衝立」

特徴は、なんと言ってもシートとシートの間に衝立があること、ですよね。


この衝立があるので、シートを逆向きにして 4 人席のボックスシートとして使用することはできません。また、気になるのが「これでリクライニングできるのか?」という話ですが……


さすがにフルフラットは無理ですが、シートの後ろにも結構な空間があるので、後ろに倒す分には全然問題ありません。また、後ろの席のお客さんのことを気にせずリクライニングできるのは大きいですよね。

また、衝立が邪魔になって前が見えないんじゃないか……という向きもあろうかと思いますが、


絶妙なデザインになっていて、窓側の座席からも前面の液晶パネルは見えるようになっています。

電源もありますよ

シートとシートの間(肘掛けの下の部分)に電源が用意されていました。


電源の数は 2 人用シートに 1 つしかありませんが、まぁ、多分間に合いますよね。

海を眺められる謎のスペース

あと、車両の前方には……


海を眺められる謎のスペースが。



まるでグランクラス!?

いやいや、JR のグリーン車にも何度か乗車したことがありますが、ここまで余裕のあるレイアウトの車両は見たことがないです。「つがる 2 号」のグリーン車が車両前方の 4 列に押し込められて定員 16 人だったのが、「いなほ 8 号」のグリーン車は 1 両まるごとで定員 18 人ですからね。

同じ「グリーン車」なのに、グリーン車とグランクラスくらいの差があるような……。まぁ、残念なことに、「いなほ 8 号」のグリーン車にはアテンダントさんはいませんから、グランクラス並みのサービスは期待できないんですけどね。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク