2010年8月19日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

春の道央・道北の旅 2010 (82) 「日本海沿いをひた走る『道路萌え~☆』ルート」

 


稚内公園良いとこ一度はおいで

では、稚内公園のあれこれを十分堪能したので、次なる目的地「札幌」に向けて、日本海沿いをずーっと下っていきましょう。


稚内公園には、昔はスキー場があり、ロープウェイがあり、他にもいろんな施設があったと聞きます。残念ながら多くが「老朽化した」とのことで閉鎖されたり取り壊されたりしたらしいのですが、「開基百年記念塔・北方記念館」と「氷雪の門」を見るだけで、かなりおなかいっぱいになれます。うまく文章にできていないのが歯痒い限りですが……。

一方通行の道をゆっくりと下りていきます。


ちなみに、大通りから稚内公園に行こうと思うと、このような、意外と狭い道を通らないといけません。予め地図を良くチェックしておきましょう。



日本海沿いをひた走る「道路萌え~」ルート

あらためて Day 4 のルートのおさらいですが……実に分かりやすいですね。


さて、この日本海沿いをひた走るこのルート、「萌える天北オロロンルート」と言うのだそうです。もちろん「道路萌え~」という意味では……無い……と思いたいところですが、真相は如何に(←

少しまともに考えてみると、このルート上で一番の大都市は「留萌」なのですね。であれば「留萌・天北オロロンルート」でも良さそうなのですが、「天北」は地方名であっても都市名では無いわけで、ちょっとバランスが良くないようにも思えます。かといって「天塩」や「羽幌」では「留萌」ほどの絶対的な存在感も無いので、両方を併記すると「留萌・羽幌・天塩──」となってあまりに据わりが良くない、といったところなのでしょう。それにしても「萌える天北」というファイナルアンサーにはただただ喫驚するばかりです(←

そんなわけで、萌えてきました(←


これは野寒布岬を少し過ぎたあたりですね。奥の方にうっすらと「利尻富士」が見えます。日本最北のトンネルはあの辺にあるのでしょう、きっと。

前日の雨のせいで、フロントグラスが汚れたままで、ちょっとお見苦しい写真になってしまっていますが……。稚内の市街地から抜海(ばっかい)に向かうまでは、このように山肌が迫るところもあります。


しかし、やがて山が低くなっていくとともに、サロベツ原野が近づいてきます。


抜海の中心部で天塩・稚咲内(わかさかない)方面に左折します。


いよいよ、ここからが「道路萌え~☆」の本場です(←

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事