2011年6月17日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

北海道・東北の旅 2010/夏 (130) 「Venus killed the "Natchan Sisters"」

 


「三航北国日誌」第 130 回です。あ、題名はあの名曲のもじりです(わかる人にはわかる……筈)。あーわあーわっ♪

それもまた~人生~

そろそろ出港の時間が近づいてきました。右舷から後ろを振り返ると遙か遠くに故郷が……じゃなくて(←)「函館フェリーターミナル」の建物が見えます。


このアングルからだと、広瀬香美の歌は聞こえてこないですね(←

はたらくおじさん、発見!

で、船内をひと通りウロウロした後に、左舷に出てみると……


「はたらくおじさん」を発見。お仕事ごくろうさまです!

こちらが噂の……

そして、おじさんの後ろには何やら楽しそうな絵が描かれた船が……


はい、こちらが噂の(?)「ナッチャン World」です。


この写真だと、いかにこの船が巨大であるかが判るかと思います。


高さは何メートルくらいあるんでしょうね……。

ウェーブ・ピアーサーかぶりつき!

さて! ナッチャン World をかぶりつきで眺めているうちに、船が動き始めました。ちょうど良いことに、このまま「ばあゆ」が動いてくれると、ナッチャン World の特徴的な造形の船首をまるまる見ることができます。


ナッチャン World は「双胴船」と呼ばれるタイプの船で、細長い船を二つ連結したような形をしています。ナッチャン World は「双胴船」の中でも先進的なデザインのもので、「ウェーブ・ピアーサー」(Wave Piercer)と称されるタイプ……なのだそうです。

別アングルからの写真もどうぞ。



ナッチャン姉妹の悲劇

この「ナッチャン World」と、その姉妹船(「姉」にあたる)の「ナッチャン Rera」は、巡航速度 66.67 km/h という日本一の速さを誇る船でした。2008 年の時点では函館-青森間をわずか 1 時間 45 分で結んでいたのですが、航行によって生じる「曳き波」による漁業被害が多発してしまいます。

「曳き波」による漁業被害についてですが、超音速航空機による「ソニックブーム」と同じようなメカニズムかな? とも思うのですが、ちょっと自信が持てません。もしそうなのであれば、一定の速度以下で航行すれば被害が激減しそうな気もします。どなたか詳しい方が見えましたら是非ご教示を。

その後、東日本フェリー(当時)の経営が苦しくなると共に定期運航が取りやめられてしまい、夏休み期間限定で運航されるようになります(ナッチャン World のみ)。今年(2011 年)は 7/29(金) から 8/18(木) までの運航で、しかも 1 日 1 往復のみ、所要時間は 2 時間 45 分という有様で……。涙が出そうになりますね。

「なすび」じゃないです(←

ちなみに、右側に係留されていた在来船「びなす」はこのような形状です。


ナッチャン姉妹とはまったく形が違いますね。ちなみに「びなす」の速力は 37.04 km/h なのだそうです(「ナッチャン姉妹」よりも 30 km/h 近く遅い)。いかに「ナッチャン姉妹」が激速だったかが分かりますね……。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事