2012年3月26日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第26回「愛の別れへは右折を二回」

 


当麻町から愛別へ

当麻町の国道 39 号線を北見方面に向けて進みます。


う、ここからは対面交通ですね。

道路異常を発見したら

片側一車線の道が続きます。


しばらく走っていると……お、何やら案内板が見えてきました。


はい、旭川紋別道の「愛別 IC」まで約 6 km のようです。「愛別」という地名は何となくフリッツ・クライスラーを連想させますね。しませんか。そうですか(←

なぜここにインターを作らない!(児玉さん風に)

そして、その「旭川紋別道」が見えてきました。


どうせなら、ここにインターチェンジを作ってくれたらいいのに(ぼそっ)。

こんなところにありました

さてさて。愛別町の中心地にほど近いところにやってきました。IC に向かうにはここを右折のようです。


せっかくなので地図もつけておきましょう。


はい。察しのいい方はお気づきかと思いますが、国道 39 号と旭川紋別道が立体交差するところにインターチェンジを作ってしまうと、旭川から国道 39 号を走ってきたトラフィックが愛別町の中心地を通ること無く旭川紋別道に流入できてしまいます。これは面白く無い! ということで、インターチェンジの位置をシフトさせた……というのも、30% くらいは理由に含まれそうな気がします。

右です

さて、右折した後、このまま真っ直ぐ進むと「愛別駅」に行き当たってしまうので、再度右折ですね。


何ともこぢんまりとした案内ですね……。

アイペット?

愛別 IC で旭川紋別道に合流です。


「アイペット橋」という名前が見えますね。「愛別」の語源のように見えますが、そういえば「愛別」の由来ははっきりしなかったのでした。簡単そうな地名に限って、正しく意味が伝わってなかったりするのですよね。

寒そうに見えますが

旭川紋別道は、暫定片側一車線の自動車専用道路です。


北斜面には雪が残っていますね……(ゴールデンウィークなんですが)。どれだけ寒いのだろう……と思って確かめてみたのですが、


この車の外気温センサーを信じる限り(たまーに頓珍漢な温度を返してくるので要注意なのですが)、路面の凍結などは心配することは無さそうです。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク