2012年3月29日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

道東の旅 2011/春 (29) 「丸瀬布」

 


若葉のころ

北見紋別道の浮島 IC のあたりには、思った以上に雪がたくさん……。


そして、ここからしばらくは追い越し車線があるのですが、頭上には「スリップ注意」の文字が……。うー、もう 5 月だと言うのに。First of May だと言うのに。

日本海側からオホーツク海側へ

今度は 4 千メートル級のトンネルが見えてきました。分水嶺を突っ切る「北大雪トンネル」です。


「北大雪トンネル」を抜けると、そこはもう遠軽町です。湧別川の源流のあたりで、ここからは降った雨はオホーツク海に注ぎ込むことになります。



お仕事ごくろうさまです

「除雪車 待避所に付 駐停車禁止」と書かれたところに止まっている車がありますが……


巡回ごくろうさまです。道路設備をパトロールする車は法定速度を上回って走ることが無いので、なぜか(←)後ろに車の列ができるのですが、こうやってこまめに路側に寄ってくれるのでありがたい限りです。いつもありがとうございます。

丸瀬布に到着

道路脇には相変わらず(この時期にしては)たくさんの雪が残っています。


下白滝駅のあたりの隘路を「白滝トンネル」で抜けると……


「丸瀬布大橋」という高架橋にさしかかります。


「丸瀬布」と書いて「まるせっぷ」と読むのですが、このあたりにはかつて森林鉄道があって、そこで活躍した蒸気機関車が今も保存されている……といった話があったような気がするのですが、どうだったかなぁ(←

終点です

さて、現在の所、その「丸瀬布 IC」で旭川紋別道はおしまいです。


おつかれさまでしたー


前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事