2012年12月13日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第183回「『山の駅』にてシトロエン 2CV 絶賛発売中でした」

 


豊糠への道は遠く

平取町振内町まで、あと数 km の地点にやってきました。左に曲がると豊糠に行けるのですが、今回は(今回も)スルーで。



対向車に触れない橋?

程なく、噂の(?)「振内橋」に到着です。


前方の大型トラックがセンターラインを跨いでいるのがお解りでしょうか? このあたりは意外と幅員の小さい橋が続くのですが、その中でも「振内橋」の狭さは特筆すべきレベルで、大型車の離合は事実上困難です。


この時も、向こう側で大型トラックがスタンバイしていたのに気づいて、慌てて加速したのでした。

振内にやってきました

橋を渡りきると「振内」です。


右手に土手が見えますが、これも国鉄富内線の跡ですね。実にわかりやすいです。

山の駅「ほろしり館」

お手頃価格で「びらとり和牛」を味わえる「じゃんけんぽん」の前を通り過ぎて、


国道の右側に……


「山の駅 ほろしり館」があります(隣はセイコーマート……だったと思います)。

2CV 絶賛販売中(でした)

その名前からは、幌尻岳へのベースキャンプのような雰囲気も受けますが、


実際は……えーと、長距離バスの待合所で、地元の特産品の委託販売も行っている、といった感じでしょうか。実は、ここに立ち寄ったのは他でもなく……


こちらの木工品を買いに来たのでした。買い求めたものがこちら!


はい。シトロエンが生んだ名車・2CV です!

ちなみに、2CV を始めとしたこれらの木工品の数々ですが、現在では「ほろしり館」での委託販売は終了して、岩知志のあたりにお店を構えられたと聞きました。次に近くを通りかかった折に確かめたいと思います。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク