2008年10月9日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

北海道の旅 2008/夏 (49) 「レースっぽいホテル」

 


JR 夕張駅前には、こんな巨大なホテルがあります。


Hotel Mount Racey とのこと。「一体どこの外資系ホテルを誘致したんだろ」とか、「いくらなんでも(かつての)炭鉱町に、このサイズのホテルはどーよ」と思ったのですが、どっちもかなり勘違いのようで……。

まず、Mount Racey ですが、「マウント・レースイ」と読むのが正しい模様。どこの言葉かわかりませんが、Racey を「レースイ」と読ませるのは無理があると思います(笑)。せめて "Raysui" か、えせフランス語っぽく "Rai-y-suis" あたりにしてもらわないと(←

で、この巨大なホテルですが、どうやら Mt. レースイスキー場のための宿泊施設なんだとか。札幌から直通列車のひとつでも走れば、ガーラ湯沢っぽくなるのにね、なんて思ったり。

夕張駅にラマルキズムの真髄を見た(←

あ、夕張駅の写真もご覧に入れましょう。


ホテルと比べると、小ささが際だちますね(笑)。

てなわけで、こんな浮世離れした巨大なホテルのすぐ隣は、こんな感じです。


まぁ、世の中こんなものですよね。

It was a very Pirelli.(違う

途中にはこんな黄色い看板も。


厳しい言い方かもしれませんけど、なんだか「過去の想い出」にしがみついているような印象が……。なんかこう……ね。「楽しかったあの頃」ってヤツでしょうか。It was a very good year ってヤツですね。When I was...

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事