2011年2月27日日曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第65回「神様は急流がお好き」

 


「三航北国日誌」第 70 回です。旭川が今回の旅の最北端で、ここからはひたすら南下して家に帰るのみ、です。

まぁ、こんな日もあります

さて、早いもので Day 4 のスタートとなりました。ここまで走行した距離は……一切不明です(←)。どうやらトリップメーターを撮影するのを完全に失念していた模様……。まぁ、こんな日もあります(←

もろもろの記録から逆算すると、約 955 km ほど走っていたようです。

Day 4 の予定走行距離は 269.2 km

そんなわけで、Day 4 のルートです。


距離にして 269.2 km、予想所要時間は 4 時間 53 分と言いますから、とても楽~なルートです。では、早速出発しましょう!

どこどこ○の○

旭川市内を走る路線バスなんですが、


こんな感じで「どこどこ○の○」という行き先がとても多かった印象が……。

「時代」は旭川に実在した(←

日本では珍しい、ロータリー型交差点もありました。


いったん、国道 40 号を北北西に向かいます。

昭和 7 年竣工だそうです

なんだか、とても立派な橋が見えてきました。


この橋は「旭橋」と言うそうです。


次の目的地は「神居古潭」なので、旭川からは素直に国道 12 号を西に向かえば良かったのですが、その前に、近文に「アイヌ記念館」があるというので、そこに行ってみよう……と思い立ちました。で、実際に前まで行ってみたのですが、なんだか商売っ気丸出しの土産物屋にしか見えなかったので、そのまま退散してしまいました……(苦手なんですよ、そういう雰囲気の所って)。

……どうでもいいんですが、私の文章って相変わらず一文が長いですね。編集者の方に何度か文章をちょん切られたことを思い出しました。もう少しハキハキした文章にしてもいいんですが、脳内に染みついた?文体に手を入れるというのもなかなか面倒なものです。余談でしたね。すいません。

神様は急流がお好き

さて、神居古潭にやってきました。


外はあいにくの空模様。一度は傘を持たずに出たけれど、やはり傘を持って行くことにしましょう。続きは明日以降にでも……。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク