2011年2月28日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第66回「100人乗ってもダイジョウブ?」

 


「三航北国日誌」第 66 回です。あとは帰宅するだけとなった今回の旅、果たして何日かかるのでしょうか。

神様はバイパスもお好き

「神居古潭」と言えば、旭川から深川に抜ける道の難所として知られていますが、現代の国道 12 号はトンネルでちょちょいと抜けてしまいます。


マナーも一緒に携帯しましょう。あ、違うか

そんなわけで、古(いにしえ)の「神居古潭」を見に行くために、国道 12 号を右折して旧道に入ります。駐車場が見えてきたので、車を停めた……のですが。


いちぶの人なんでしょうけど、マナーの悪い喫煙者というのは嫌なものですね。

いにしえの かむいこたんの はしがあり

さぁて、ここは国道 12 号の旧道ですが、対岸には国鉄函館本線の旧線があります。名にし負う「神居古潭」の周りは古のものばかり、ですね。そして、函館本線にかつて存在した「神居古潭駅」に向かうための橋が、今も遺されています。


では、傘を差しながら、神居古潭駅(跡)に向かいましょう。


なにやら看板がありますね。まずは右の方から。


ふむふむ、「アイヌ語地名表示板」ですか。Para-moy で「広い・湾」とあります。ちゃんと写真付きなのがいいですね。確かに Para-moy といった雰囲気が伝わってきます。

明らかに訂正済み

もう一つの看板がこちらなのですが……


こちらは逆に、ツッコミ所満載のナイスな(死語)看板ですね(笑)。シルエットはまるで江戸川コ○ンですし、「一度に100人以上渡れません!」の「100」は、明らかに修正入っていますし。しかも、


この橋を 100 人以上で渡るというのも、イナバ物置の CM 以外ではあり得ないような……(←

ダイジョウブ!

というわけで、数人で渡る分には「ダイジョウブ!」だそうなので、さっさと行きましょう。


前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク