2015年6月5日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第187回「館内での撮影は自由となっております」

 


開館!

「釧路市立博物館」にやってきました。……って、今週はずっと同じことを書いているような気がするのですが(汗)。ちゃんと開館するのを待ってお邪魔しましたので、もちろん「開館」の文字が光ります。


そして、「開館」の文字の上には手描きのポスターが。


いや~、こういう趣向は嬉しいですよね。ちゃんとルビも振ってありますし、二ヶ国語対応にもなっています。素晴らしい!

館内での撮影は自由となっております

中に入って入館料を支払おう……と思ったら!


なぁんと、「館内での撮影は自由となっております」というありがたいお言葉が! 博物館は権利上の問題などで?撮影が許可されていないところも多いだけに、これは本当に嬉しいですね。ちなみにもちろん目録も販売されています。こちらもお買い得ですよ!


ちなみにこの目録、「北海道立北方民族博物館」の目録とデザインがほぼ同じなのですが、何か統一規格でもあるんでしょうかねぇ?

マンモスの後ろ姿

さて、展示室に入る前にオープンスペースを観覧しておきましょう。実は、建物の中に入ると……


いきなりマンモスの骨格が出迎えてくれるのです。では、折角なので……


マンモス(骨格だけど)の後ろ姿なんぞも。

タンチョウイラスト展

そして、マンモスの周りには……


「タンチョウイラスト展」という展覧会が。地元の小中学生が描いたタンチョウのイラストが飾られています。


「どうぞ、個性あふれる力作をお楽しみください」と結んでありますが、確かに個性的なイラストが多々見られました(笑)。小中学生の考える事ですからね。何人か集まれば必ずネタに走る人間が出てくるというものです。

千円札の図柄となったタンチョウの写真……の秘密

あ、そうそう。面白かったと言えば、こちらもありました。


「千円札の図柄となったタンチョウの写真」とあるのですが……続きは、また来週!

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク