2015年7月9日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第211回「春の釧北峠」

 


昼間ライト点灯区間終了

国道 240 号と 241 号の重複区間を西に向かいます。洞爺湖温泉の前を通り過ぎ、フップシ岳の麓の「仏父子橋」(ふっぷし──)のあたりを走っていると……


あれ? 写真がブレてしまっていますが、「昼間ライト点灯区間終了」とあります。あ、そうだったんですね……(汗)。

春の釧北峠

国道 240 号と 241 号の分岐点が近づいてきました。このあたりは「尻駒別」と言う地名なんですね。近くを流れる「尻駒別川」に由来する地名のようですが、トリカブトがあるんでしょうね……。


目の前の道がちょっとだけ広くなりましたが……。え? これが国道の分岐ですか? 確かに手前には案内標識がありましたが、交差点には停止線すら見えない始末。人里離れたところなので、横断歩道もありません。


前回(5 年前だったかな?)は左折して足寄に向かいましたが、今回は直進して「釧北峠」を目指します。


2 km ほど坂を登ってゆくと、あっさりと峠が見えてきました。国道 241 号の足寄峠は「凍結注意」とありましたが、足寄峠よりも 50 m ほど標高が高いはずの釧北峠はご覧のとおり、路肩に雪こそ残っているものの、車での走行には特に問題のないコンディションです。

人面樹?

峠を越えたところからは津別町です。


津別町のカントリーサインは……何でしょうこれ。人面樹でしょうか?(汗)



曲線半径 150 m の急カーブ

今度は「R=150m」の「急カーブ注意」という看板が出てきました。北海道ですねぇ~(笑)。


曲線半径 150 m の「急カーブ」をゆきます。



津別町相生

道の駅「あいおい」まで、あと 2 km のようです。


津別町相生の集落にやってきました。かつての「国鉄相生線」の終点だったところですね。



前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク