2016年4月27日水曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

新十津川→京都 1568.9 km (4) 「石狩当別(50.6 km 地点)」

 


結局、おにぎりをあたためてもらうこと無く石狩当別駅に戻ってきました。小綺麗なビルのようにしか見えませんが、石狩当別駅の北口です。



見どころたっぷり?

石狩当別駅は橋上駅舎で、北口と南口の間は自由に通行できる構造なのですが、壁には所狭しとばかりに色々なものが展示?されていました。まずは地元の「当別高等学校」のコーナーから。


とっても誠実な感じがしますが(汗)。ちょっと寂しい感じもしますね。

そして、何やら謎な感じのする像が展示してありました。どこかに説明文があったんでしょうかね……?


あとこんなポスターも。


いやー、なんだかんだで実はふつーに自生してるんだよね、という話も……(汗)。

この銘板は

これは当別町の偉人を称えるコーナーなのかな、と思ったのですが……


よーく見ると上にちゃんと説明書きがありました。「この銘板は 産業 文化 スポーツの分野で活躍し 全国に当別町の名を広めた団体 個人の栄誉を永く称えるものです」とのこと。見た感じではスポーツ関連が多いようですね。

高校 vs 大学

改札を通った先には、当別高校(の生徒さん、ですよね)が制作した「花の駅長さん」という一角がありました。


もちろん北海道医療大学も負けてはいません。「九十九祭」というのは学園祭のようなものなのでしょうか。あっ、この日はちょうど二日目だったんですね!



再スタート!

次の札幌行きは 1 番線ではなく 3 番線から発車するとのこと。先ほど 5434D から下車したホームに戻りましょう。


さぁ、燃料(食料か)補給も終わったので、再スタートです!



前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事