2012年12月25日火曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

道東の旅 2011/春 (191) 「静かな散策、終了」

 


小川を渡る小径

学校林の遊歩道を散歩していると、また、別の小川が見えてきました。


遊歩道はこの小川も越えているのですが、先ほどのような立派な橋ではなく、土手に土管を通しただけの単純な構造のものです。


この「橋」の上から上流を眺めてみると……


「橋」の手前はしっかりとした護岸工事がなされていますが、そこから先はあまり手の入った痕跡がありません。いい感じですね。

春の散歩道

エゾエンゴサクの花が慎ましく咲いています。


木立の中に、別の案内板を見つけました。


「ハナタデ」という草の説明のようです。


遊歩道にはベンチも用意されていたりするのですが、


やがて落ち葉に覆われて、「道」が見えづらくなってきました。


というわけで、散策はここまで。車に戻りましょう。


前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事