2014年2月17日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

Bojan のホテル探訪~「旭川パークホテル」編(さらにつづき)

 


えっと、お部屋の水回りの記事を書いていなかったですね。中は広くも無く、狭くも無くといった感じです。



割と一般的なユニットバス

ちょっと残念なところと言えば、ビジネスホテルなんかと同じで、完全にバス・トイレが兼用なところですね。バスタブとトイレの間は防水カーテンで仕切られているだけです。


まぁ、それでもバスタブのサイズにはそれなりにゆとりがあるのは良いことです。

クラシカルな水栓

水栓はサーモスタットタイプでは無く、湯・水を独立して制御するタイプのものです。これもちょっと残念。シャンプーとボディソープはボトルが置いてあります。これは助かりますね。


シャワーヘッドにも、水量を調整する機能はありません。



洗面台まわり

洗面台の水は「飲用可」の上水のようです。


横にはハンドソープとドライヤーが。


アメニティグッズは結構充実しています。



濡れ手で……

非常時連絡用の内線電話があるのですが、「ぬれてもしもし」という実にわかりやすいネーミングのものでした(笑)。


前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク