2011年8月1日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

第161回「きまぐれオレンジハート」

 


「三航北国日誌」第 161 回です。これがら俺ら雫石さ行ぐだ(←

あまり実用的ではない情報だったか

津軽半島の金木町(五所川原市)から、五所川原の中心地を経由して弘前方面に向かいます。


あ、てっきり H システムかと思ったのですが、これは N システムのようですね……。

どうする、大阪ガス?

ブリヂストンの下のこのマークは……。


関西だったら、間違い無く「大阪ガス」か、あるいは「アイフル」なのですが、これを見た感じだとコンビニのような雰囲気ですね。念のため Wikipedia を見てみたのですが、なんと記事が見つかりました!

オレンジハートとは株式会社エフシープロイが展開しているコンビニエンスストアである。
(Wikipedia 日本語版「オレンジハート」より引用)

ふむふむ。

概要
地元に密着したサービスを目標にしている。1982年10月に第一号店をオープンして2001年度現在17店舗である。
(Wikipedia 日本語版「オレンジハート」より引用)

おおー、これはまた 10 年前の情報のままで、しかも 1 年に 1 店舗弱のペースで増加中というのも、何だか凄い気がします。

目指せ全店制覇!

ちなみに、この「株式会社エフシープロイ」さんなんですが、


設立 30 年にして従業員数 18 名(2002 年時点)なのだそうです。とっても小さな規模の会社のようですが、それでもやっていけているというのは驚きに値します。とりあえず青森にフランチャイズを 2 店舗?見つけましたが、あと何店舗あるんでしょう。願わくば全店舗制覇してみたいものです。

あじさい。

信号待ちの間に……


あじさいの花が立派に咲き誇っていたので、ついパチリ(死語?)と。

五所川原市内を抜けて岩木山の麓へ

国道 101 号「浪岡五所川原道路」をアンダーパスします。


五所川原市内を通り抜け、国道 339 号バイパスに。


写真の右隅に「岩木山」の裾野がちょっとだけ見えます。

圧倒的な存在感

15 分後に撮影した写真もご覧に入れますと……。


現地に行って初めてわかる情報というものは色々とあると思うのですが、たとえば、津軽平野に於いては岩木山が絶対的な存在感を誇る、なんてのもその一つではないかと思うのですね。同じことを繰り返しますが、岩木山の存在感は凄いです。うちの近所にはこれだけの存在感のある山は無いので、尚更強い印象を受けたのかも知れませんが……。

前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク