2016年3月15日火曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

冬の北海道の旅 (47) 「網走国定公園『能取岬』」

 


タクシーの後ろにぴったりとつけながら、雪道を能取岬に向かいます。


このあたりは随分としっかりと除雪されていて、路面のアスファルトがかなり見えていますね。後でわかったのですが、実はこの時もリアルタイムで除雪作業が行われていたのでした。


駐車場に到着しました。先客(の車)の姿もありますね。真冬の能取岬を目指す酔狂な人は、タクシーのお客さんだけでは無かったようです。



すんごく汚いっ

ということで、既に停まっていた車の近くに並べて(とは言っても、間に数台分のスペースはあるのですが)車を停めました。それにしても、いやー、すんごく汚れちゃいましたね!!


酔狂なお客さんを乗せてきたタクシーは、目の前に停車したままでした。このまま(お客さんを残したまま)引き返してしまったらどうしようかと思ったのですが、さすがに杞憂でした(笑)。


その代わり……と言うのも変な話ですが、横に停まっていた先客の方が出発されました。ちょうど「能取岬」と題された案内板が見えるようになりましたね。



網走国定公園「能取岬」

「網走国定公園」「能取岬」「CAPE NOTORO」の文字が光ります。なんだやっぱり CAPE NOTORO じゃないですか。奥には灯台の姿もしっかりと見えています。


そして、その横にはこんな看板も……。簡体字で「熱烈歓迎」と書いてあるのはなんとなくわかりますね。どうやら、中国で公開された映画(かな?)のロケがここで行われたのだとか?


では、せっかくですので海の近くまで歩いてみることにしましょう。足元はこんな調子なので、重心の乗せ方には要注意ですね。



前の記事次の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事

    スポンサーリンク