2017年12月28日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

秋の道南・奥尻の旅 (終) 「おうちに帰るまでが遠足です」

 


グリルで夕食を頂いて、19:15 頃に部屋に戻ってきました。敦賀港到着は定刻の 20:30 を予定しているとのこと。到着まであと一時間ほど、いつでも退出できるように荷物を整えて、のんびりと部屋で呼び出しがかかるのを待ちます。


ちなみに、往路(敦賀から苫小牧東)も「すずらん」に乗船した……ということは何度か記した通りですが、船が同じだっただけではなく、クルーの人も同じ方でした。「ようこそお帰りなさいませ」と挨拶されて大いに焦ったのでした(汗)。

新日本海フェリー「すずらん」は、20 時過ぎに敦賀港に入港しました。まぁフェリーは飛行機以上に停止(着岸)するまでが長いので、引き続きのんびりと呼び出しがかかるまで待ちます。「あかしあ」や「はまなす」はシリンダー錠なので、入港の前に鍵の回収というイベントがあるのですが、「すずらん」「すいせん」はカードキーなので、係の人が鍵を回収に来ることもありません。

下船開始!

車輌甲板が開放されたとのアナウンスが流れたのは 20:26 でした。キャリーバッグを転がしながら車輌甲板に向かいます。


右舷後部の出口が開いて下船が始まったのが 20:38 頃でした。割とスムーズに下船が始まったほうではないでしょうか。


フェリーターミナルビルの前を通って敷地の外に出ます。偶然、前の軽自動車にフォーカスがピッタリ合ってしまい、謎の疾走感が醸し出されていますね。



おうちに帰るまでが遠足でした

おうちに帰るまでが遠足です……とは良く言ったものですが、敦賀港から自宅までは渋滞などに遭遇することもなく、すんなりと帰宅することができました。


Day 0 から Day 5、そして最終日(Day 6)の総走行距離は 1,578 km でした。うち 362 km は本州での走行距離ですから、道内では 1,216 km ほど走ったことになりますね。


平均燃費は 100 km あたり 8.4 リットルでした。リッターあたり 11.9 km ということになりますね。2,946 cc という前近代的な大型エンジンの割には悪くない数字ですが、これ以上燃費を伸ばすには、かなり工夫が必要なのかもしれません。



極限の燃費走行へのチャレンジは、またそのうち記事にする……と思います。

前の記事

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

最近の記事