2017年12月20日水曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

秋の道南・奥尻の旅 (219) 「苫小牧東フェリーターミナル」

 

さすがに暗くなってきたので、風光明媚ではあるものの狭くてツイスティな道道 919 号「中央東線」の完走を諦め、通称「三笠山神社通り」を通って下界に戻ってきました。


室蘭本線と並走する大きな右カーブを通過して……


その後、しれっと国道 36 号に戻ってきました。国道 37 号の起点のすぐ近くですが、行灯式の青看板は珍しいですよね。



下道で苫小牧へ

下道(国道 36 号)で苫小牧に向かいます。……夜でもしっかり目立ってますね(汗)。


胆振幌別川にかかる橋を渡ります。


苫小牧市内のいつもの回転寿司屋さん(さてどこでしょう)で夕食を頂いて、その後はカタカタと「きょうの出来事」の記事を書いていたりしました。記事を書き終えて、再び出発します。

「いつもの看板」

苫小牧市内の「いつもの看板」の前にやってきました。「東港周文フェリーターミナル」のほうだけ距離が書いていないのがポイントなんですよね。



苫小牧東港に到着!

距離こそ書いていないものの、ものの 20 分ちょいで苫小牧東港(周文埠頭)に到着しました。これから乗船する「すずらん」は既に入港済みです。


外気温は 9 ℃ とのこと。それほど寒くないなぁと思ったのですが、よく考えたらこの時は 9 月末だったのでした(十分寒い)。


さぁ、これから二時間ほど待つことになります。暇つぶしに twitter でもやりますか……(汗)。



前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

新着記事