2017年12月13日水曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

秋の道南・奥尻の旅 (214) 「地球岬で地球を感じる」

 

地球岬の展望台で夕陽を眺めます。……美しいですよね。


そんな美しい夕陽も、わずか 2 分ほどで水平線渡島半島の向こう側に……。



地球だけに

地球岬展望台は、上から見るとなかなか謎な形をしているのですが、中央の円形の部分には、海を模した青白い玉石と、陸を模した茶褐色の石で地図が描かれていました。なるほど、地球だけに……ということですね。


円形の地図と言えば「正距方位図法」ですが、この図はどれだけ正確なんでしょう……? 「むろらん」と書かれた石が太平洋の沖合に浮かんでいます。


「むろらん」から「W」の方角(西ですね)を眺めると、すぐ近くに「北京」があり、その先に……うわ、読めない(汗)。これは「ニューデリー」でしょうか。


更に西には、「ベルリン」「パリ」「ロンドン」そしてこれは……「エルサレム」
でしょうか。


西の外れには「モスクワ」もありました。

後で追加してみました

続いてはルック・イーストということで(なんか違う)東のほうを見てみると……。


「ワシントン」が見えますね。その手前に何やら見慣れない名前が……。「ノックスビル」とあるのですが、実はこの街、室蘭市の姉妹都市なんだそうです。いかにも「後で追加しました」感が満載なのが微笑ましいですよね。


ワシントンのちょい北寄りには「オタワ」があって、


ぐぐっと南側には「ブラジリア」があります。


そういや、この選択基準は何なんでしょうね。室蘭の姉妹都市で唯一海外に存在する「ノックスビル」はわかるとして、あとはそこそこメジャーな国の首都を並べてみた、と言ったところなんでしょうか。

謎な図法ですが

最後は南のほうですが……


実にシンプルに、キャンベラだけがありました。


この地図?ですが、正距方位図法ではなくて、メルカトル図法の東西を圧縮して正方形の地図にして、それを更に丸く変形したと言った感じでしょうか。かなり謎な図法ですが、まぁ、これはオブジェですし、細かいことを気にしないのが吉なのかもしれませんね。

前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

新着記事