2020年10月3日土曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

アイヌ語地名の傾向と対策 (768) 「キムン芦別川・惣芦別川・惣顔真布川」

 

やあ皆さん、アイヌ語の森へ、ようこそ。

(この背景地図等データは、国土地理院の地理院地図から配信されたものである)

地図をクリックしたら地理院地図に飛べたりします。

キムン芦別川(きむんあしべつ──)

{kim-un}-{as-pet}
{山にある}・{芦別川}

(典拠あり、類型あり)

三笠市から国道 452 号の「三芦トンネル」を抜けると芦別市に入ります(実に分かりやすいネーミングですね)。三芦トンネルを抜けると、すぐに次の「キムントンネル」があり、トンネルを抜けた先には「キムンダム」があります。

「キムンダム」は「キムン芦別川」のダムですので、川の名前に由来して名付けられたと考えられます。この「キムン芦別川」は、明治時代の地形図では「キムンアシユペツ」と描かれていました。

「北海道地名誌」には次のように記されていました。

 キムン芦別川 (きむんあしべつがわ) 芦別川の右支流。アイヌ語で山奥にある芦別川の意。
(NHK 北海道本部・編「北海道地名誌」北海教育評論社 p.230 より引用)

はい。{kim-un}-{as-pet} で「{山にある}・{芦別川}」と考えて良さそうですね。アイヌ語で「山」を意味する語彙としては nupuri もありますが、nupuri が実体としての「山」を意味するのに対し、kim は概念としての「山」(山のほう)を意味します。

知里さんの「──小辞典」にも次のように記されていました。

従ってこの kim は聳えることができない。それが nupuri「山」との差である。
(知里真志保「地名アイヌ語小辞典」北海道出版企画センター p.48 より引用)

ということですね。なお kim-un の対義語は pis-un で、「浜のほうにある」という風に捉えることができます。

惣芦別川(そうあしべつ──)

so-{as-pet}
滝・{芦別川}

(典拠あり、類型あり)

キムン芦別川は国道 452 号の「キムン橋」の近くで芦別川と合流しています。芦別川を南に遡ると「芦別ダム」があり、芦別ダムの東側に「惣芦別川」が合流しています。惣芦別川は芦別川の東支流、ということになりますね。

明治時代の地形図には「ソーアシュペツ」と描かれていました。また「北海道地名誌」には次のように記されていました。

 惣芦別川 (そうあしべつがわ) 芦別川の奥の右支流で芦別ダムの芦別湖に出る川。滝のある芦別川の意。
(NHK 北海道本部・編「北海道地名誌」北海教育評論社 p.230 より引用)

はい。so-{as-pet} で「滝・{芦別川}」となりそうですね。

「北海道地名誌」には「滝のある──」と記されていますが、so-as-pet は厳密には「滝・芦別川」でしかありません。本来は soas の間に un とか us とか、あるいは kor とかがあるべきなのでしょうが、省略したところで意味は自明だ……ということで、あっさり省略されてしまった、ということなんでしょうね。

惣顔真布川(そうかおまっぷ──)

so-ka-oma-p?
滝・上・そこにある・もの(川)
so-uka-oma-p??
滝・重なる・そこにある・もの(川)

(? = 典拠あるが疑わしい、類型あり)(?? = 典拠あるが疑わしい、類型未確認)

キムン橋から更に芦別川沿いを下ると「深山橋」(みやま──)という橋で「惣顔真布川」を渡ります。これも「読めたら勝ち!」っぽい川名のような雰囲気がプンプンしますが……。

「北海道地名誌」には次のように記されていました。

 惣顔真布川 (そうかまっぷがわ) 芦別川の右支流。アイヌ語「ソ・カ・オマ・プ」で滝の上にある川の意か。
(NHK 北海道本部・編「北海道地名誌」北海教育評論社 p.230 より引用)

so-ka-oma-p で「滝・上・そこにある・もの(川)」と考えられそうでしょうか。また同じく更科さんの「アイヌ語地名解」には次のように記されていました。

 惣顔真布川(そうかまっぷがわ)
 芦別川の左支流。アイヌ名ソ・カ・オマ・プの当字で、滝の上にある川の意。
(更科源蔵「更科源蔵アイヌ関係著作集〈6〉アイヌ語地名解」みやま書房 p.119 より引用)

おっ、「北海道地名誌」では「──の意か。」となっていましたが、「アイヌ語地名解」では「川の意。」と断言していますね。また川の読み方がどちらも「そうかまっぷ」になっていますが、現在は「そうかおまっぷ」と読むのが一般的のようです。

「そうかおまっぷ」であれば so-ka-oma-p と考えるのが自然に思えますが、ところが面白いことに明治時代の地形図を見ると「ソーウカオマプ」と描かれていることに気づきます。これであれば so-uka-oma-p で「滝・重なる・そこにある・もの(川)」とも読めてしまうのですね。

「惣顔真布川」に滝が複数存在するようであれば、so-uka-oma-p と考えるほうが正解に近いのかもしれません。

前の記事続きを読む


www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

新着記事