2021年11月28日日曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

北海道のアイヌ語地名 (888) 「汁取・美羽烏」

 

やあ皆さん、アイヌ語の森へ、ようこそ。
(この背景地図等データは、国土地理院の地理院地図から配信されたものである)
地図をクリックしたら地理院地図に飛べたりします。

汁取(しるとる?)

sir-utur-oma-p
山・間・そこに入る・もの(川)
(典拠あり、類型あり)
剣淵川の東支流に「東七線川」という川があるのですが、この川を遡った先の山の鞍部に「汁取」という名前の三等三角点があります(標高 294.6 m)。

「東西蝦夷山川地理取調図」には「東七線川」に相当しそうな川が見当たらないように思えます(「ワツシヤム」という川が南隣の「彌栄イヤサカ?川」である可能性がありますが)。

幸いなことに、明治時代の地形図に「ポンシルトル」と「オン子シルトル」という川名が描かれていました。どうやら「彌栄川」がかつて「ポンシルトル」と呼ばれていたようです。

陸軍図には、現在の「彌栄川」の北に「シルトルマップ」という地名が描かれていました。これは sir-utur-oma-p で「山・間・そこに入る・もの(川)」と読めますが、実際の地形もまさにそんな感じですね。特に「オン子シルトル」とされる「刈分川」のあたりは沖積平野が形成されていて、「山の間(の平地)」と呼ぶのに相応しい地形です。

似たような地名は道内のあちこちにあって、滝上町の「白鳥」や岩見沢市(旧・栗沢町)の「美流渡」などが思い出されます(「美流渡」は「シ」を「ミ」に誤読したと考えられます)。「白鳥」や「美流渡」はちょいと風流な感じもありますが、「汁取」はなかなかストレートというか、濃縮果汁 100% といった風情がありますね(何を言っているのだ)。

美羽烏(びばからす)

pipa-kar-us-i
沼貝・とる・いつもする・ところ
(典拠あり、類型多数)
剣淵町の中心部から東に向かい、道央自動車道の下をくぐった先に「ビバアルパカ牧場」という牧場があります(名前の通り、アルパカを飼育する牧場のようです)。

ここはかつて「ビバカラススキー場」という名前のスキー場でした。近くに「美羽烏神社」という神社もあるほか、「ビバアルパカ牧場」から「剣淵温泉レークサイド桜岡」に向かう道道 205 号は「上士別ビバカルウシ線」という名前です。

凄まじい勢いでネタバレ続発中ですが、陸軍図では現在の道道 205 号の南側に「美羽烏」という地名が描かれていました。ちゃんとルビも振られているのですが、良く見ると「カラウシ」とあります。「烏」を「カラウシ」と読ませるのは傑作というか、もの凄く無理があると言うか……。

このあたりの地名は「剣淵町東町」になってしまったようですが、「美羽烏」は四等三角点の名前として健在でした(標高 224.5 m)。位置は「ビバアルパカ牧場」や「美羽烏神社」から見て東南東、「レークサイド桜岡」からは西南西のあたりです。

「美羽烏」の意味するところは pipa-kar-us-i で「沼貝・とる・いつもする・ところ」と見て良さそうです。「カラウシ」が「烏」の字に引きずられて「カラス」に化けたと考えられますが、pipa-kar-us でも元の意味が殆ど損なわれないというのが良くできていますね。

「美羽烏」で沼貝は取れたのか

ということで、「美羽烏」の解釈は明瞭なものでしたが、その位置についてはちょっと検討が必要に思えます。

「東西蝦夷山川地理取調図」には「ヒハカルシ」という名前の川が描かれています。また丁巳日誌「天之穂日誌」には次のように記されていました。前後関係の認識が必要なので、ちょっと引用が長くなります。

     ヘタヌ
此処二股、右の方ケ子フチと云。左り本川シヘツ通り。少しケ子フチの方小さし。最早此辺にて日も暮懸れ共、何卒ニシハコロの家の方までと船を遣るに、右の方ナイフトより八里
     ケ子ブチ
ケ子は赤楊(はんの木)、ブチはフトの訛り也。此川赤楊多きが故に号るなり。渕様成処しばし行て
     ヒハカルウシ
蚌多きより号るなり。右の方に小川有る也。小石川少し上り
     リイチヤニ
此処ニシハコロの村也二股より九丁計
松浦武四郎・著 秋葉実・解読「丁巳東西蝦夷山川地理取調日誌 下」北海道出版企画センター p.106 より引用)
「ヘタヌ」は「犬牛別川」と「剣淵川」の合流点のことですね。「ナイフトより八里」とありますが、名寄市内淵から「ヘタヌ」までの距離がおよそ 33 km ほどのようなので、計算は合っているように見えます。

「ヒハカルウシ」のところに「蚌多き」とありますが、「蚌」は「どぶがい」を意味するとのこと。

士別剣淵 IC から約 1 km 南

ポイントは最後の「二股より九丁ばかり」というところで、犬牛別川と剣淵川の合流点は士別剣淵 IC のあたりだったと見られるので、「リイチヤニ」は士別剣淵 IC から 9 町、つまり 1 km ほど南の地点だったと言うことになります。

士別剣淵 IC の入口(国道 40 号交点)からビバアルパカ牧場までは 5 km 以上あるのですが、「天之穂日誌」の「ヒハカルウシ」は「リイチヤニ」よりも北に位置していたことになるので、計算が合わなくなります。つまり、天之穂日誌の「ヒハカルウシ」は「美羽烏」ではない、ということになりますね。

また「東西蝦夷山川地理取調図」の「ヒハカルシ」は、「ルウクシケ子フチ」よりも山奥に位置するように描かれています。これも「美羽烏」とは位置が異なると見て良いかと思われます。

剣淵町の川名は、「パンケペオッペ川」もそうでしたが、古い記録と異なる位置に存在している感があります。この「美羽烏」も、もしかしたら北に位置していた「ヒハカルウシ」の成れの果てだったのかもしれませんね。

前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

新着記事