2019年2月17日日曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

アイヌ語地名の傾向と対策 (607) 「岩尾内・サックル川・タドシュナイ川」

 

やあ皆さん、アイヌ語の森へ、ようこそ。

(この背景地図等データは、国土地理院の地理院地図から配信されたものである)

地図をクリックしたら地理院地図に飛べたりします。

岩尾内(いわおない)

iwao-nay?
硫黄・川
iwa-o-nay??
霊山・多くある・川


士別市東部、天塩川を堰き止めている「岩尾内ダム」のあるところの地名で、同名の川やダム湖もあります。知床には「岩尾別」というところがありますが、おそらく似たような由来があるのでしょう。

音からは iwao-nay で「硫黄・川」と聞こえます(あるいは iwao-o-nay で「硫黄・多くある・川」だったのかもしれません)。

早速ですが、永田地名解を見てみましょうか。

Iwa-o nai  イワオ ナイ  岩山ノ川
永田方正北海道蝦夷語地名解」国書刊行会 p.419 より引用)

あれっ、当てが外れましたね。確かに iwa-o-nay で「霊山・多くある・川」と読めます。山田秀三さんの「北海道の地名」にも、次のように記されていました。

 永田地名解は「イワ オ ナイ。岩山の川」と書いた。イワはふつう「山」と訳されて来たが概ね独立山で,知里博士は霊山らしいといっていた。そんな山があったのだろうか。
(山田秀三「北海道の地名」草風館 p.151 より引用)

ふーむ。確かにそういう解釈もできますね。山田さんは「そんな山があったのだろうか」としていますが、岩尾内ダムの東に位置する 818.7 m の三角点のある山はなかなかの秀峰に見えますし、南の似峡(にさま)の市街地には「モイワ」っぽい山もあります(似峡の市街地は水没しましたが、「モイワ」っぽい山は今も水面上に出ています)。ただ、山田さんも iwao が「硫黄」である可能性が高いと考えていたのか、

なお音だけならイワウ・ナイ(硫黄・川)とも聞こえる。
(山田秀三「北海道の地名」草風館 p.151 より引用)

まぁ、普通はその可能性を考えますよね。

丁巳日誌「天之穂日誌」には次のように記されていました。

こへて
     ト ワ リ
     イワヲナイ
皆左りの方小川。此沢に硫黄多しと聞り。
松浦武四郎・著 秋葉実・解読「丁巳東西蝦夷山川地理取調日誌 下」北海道出版企画センター p.118 より引用)

あ、やっぱり硫黄なんじゃないか……と思ったんですが、「東西蝦夷山川地理取調図」には「イワナイ」と記されていて、結局どちらの可能性も捨てきれないんですよねぇ。

サックル川

sak-ru
夏・路


岩尾内湖(=天塩川)の東支流の名前です。大正 11 年測図の陸軍図では「柵留川」と記されていて、サックルを源流部まで遡った先には「柵留山」も存在します(山名は今も漢字のまま)。

由来は sak-ru で「夏・路」と考えて良いのでしょうね。士別(朝日)から滝上に抜ける道としては、藻瀬狩山のすぐ南を「上紋峠」が通っていますが、仮にこの区間を「歩いて越える」のであれば、サックル川を遡って柵留山の南側を抜けるのが良い……と考えられていたのだと思われます。ただ、冬場は雪が深いからか(あるいは他の理由があったからか)交通路としては使えない、と判断したので「夏の道」と呼ぶようになった、と言ったところでしょうか。

滝上町にも「札久留」という地名・川名がありますが、面白いことに滝上の「サクルー川」は現在の上紋峠沿いを流れています。滝上から西に向かうには「サクルー川」沿いのルートを使い、士別(朝日)から東に向かうには「サックル川」沿いのルートを使用した、ということなのでしょうか。

タドシュナイ川

tat-us-nay
樺の木の樹皮・多くある・川


サックル川の北支流の名前です。「東西蝦夷山川地理取調図」や丁巳日誌「天之穂日誌」には記載がありませんが、更科さんの「アイヌ語地名解」には次のように記されていました。

 タドシュナイ川
 柵留川の右支流。深川市の多度志と同じタッ・ウㇱ・ナイで樺皮多い川の意。
(更科源蔵「更科源蔵アイヌ関係著作集〈6〉アイヌ語地名解」みやま書房 p.165 より引用)

tat-us-nay で「樺の木の樹皮・多くある・川」という解釈ですが、全く同感です。更科さんは tat を「樺皮」としていますが、「樺の木」自体は tat-ni と呼び、単に tat とした場合は「樺の木の樹皮」と解釈するのがお作法だ、とされています(但し地域によって異なる場合あり)。

アイヌにとって重要なのは(衣服を紡ぐのに使う)樹皮であり、樹木は単に樹皮を纏ったもの(あるいは樹皮を与えてくれるもの)だった、ということなのでしょうね。

前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

新着記事