2019年2月15日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

冬の爆発踏切と角島大橋 2017 (33)「狗留孫山(くるそんざん)」

 

国道 435 号で特牛(こっとい)から美祢に向かいます。豊北町滝部のあたりでは、旧来の市街地から大きく迂回するルートでバイパスが建設されています。右折すると滝部の市街地で、国道はこのまま直進です。


とことん市街地を回避した国道は、通行する車も少なく、がらんとしていました。奥の方には風力発電のタービンも見えます。そう言えば、ガードレールが黄色いのは国道だけなんでしょうか。


県道 39 号「粟野二見線」との交叉点が見えてきました。この県道「粟野二見線」は、その名の通り山陰本線の「長門粟野駅」と「長門二見駅」の間をほぼ最短距離で結ぶものです。右折すると「下関」とありますが、その場合は JR 山陰本線とほぼ同じルートをたどることになりますね。



驕る平家は久しからず(驕ってないのに)

国道 435 号は過剰なまでによく整備された道……という印象がありましたが、この手の印象はそう遠くないうちに打ち砕かれることが常です。このようにバイパスが整備されていない区間もあります。


直進で美祢まで 27 km なのは良いとして、右折すると 13 km 先に……「狗留孫山」はどう読めば良いのでしょう。


山口県の日本海側は「豪雪地帯」という雰囲気こそありませんが、やはりそれなりに雪の降る場所のようですね。県が用意した「凍結防止剤」が置かれていました。



大型トレーラ通行不可

下関市の長府と長門市の油谷を結ぶ国道 491 号が分岐する T 字路が見えてきました(この先を直進すると 3 km ほど国道 435 号と 491 号の重複区間です)。


左折して長門市に向かうルートは「大型トレーラ通行不可」と記されていますが、山口県には「国道 490 号」という「頼むからカーナビのルート案内に使わないでくれ」(道が狭すぎるため)という異例の申し入れをした国道もあるくらいで、なかなか油断ならない県でもあります。

狗留孫山(くるそんざん)

国道 491 号との重複区間は間もなく終了で、国道 491 号は右折して「狗留孫山」に向かいます。この「狗留孫山」、一見「拘留係山」と見間違えてしまいそうですが、「くるそんざん」と読むのだとか。


狗留孫山には真言宗のお寺があるそうで、「狗留孫観音」から坂を下ると「杢路子川」(むくろうじ──)に出るとのこと。難読地名のオンパレードですねぇ。


このあたりはかつての「豊浦郡豊田町」で、今は「下関市豊田町」です。毎度おなじみ、最小限のコストで最大の効果を弾き出すタイプの地名表示ですね。

前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

新着記事