2018年3月6日火曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

三江線各駅停車 (40) 「三江線神楽号」

 

石見川本行き 424D は、定刻通りに木路原を出発しました。次が 424D の終点の「石見川本」です。


江の川は、このあたりで S 字トラップのような流れ方をしています(もう少しマシな言い方はできないのか)。南に向かって流れていた筈が、ここで一転して西北西に向かって、石見川本駅の手前で再び南に向かって流れる形です。


かなり捉え所のない写真ですが、手前の明るい緑の部分が江の川の堤防です。奥に見えるのは対岸の山ですが、山腹にお寺が見えていますね。地形図で見るとなかなかの場所にあることが良くわかります。

(この背景地図等データは、国土地理院の地理院地図から配信されたものである)

このお寺はどうやら「仙岩寺」という名前のようで、Google Map で見ると斜面補正の関係からか、随分と歪んだ形になってしまっています。


キハ 120 310「三江線神楽号」

石見川本行きの 424D は、定刻通りに終点・石見川本に到着しました。9:57 に三次を出発してから 2 時間 12 分かけて 75.5 km を走ってきました。表定速度は 34.3 km/h ですが……まぁこんなものですよね。


この日の 424D は 2 両編成で、ここまでは後ろに連結されていた キハ 120 314 に乗車していました。


そして前の車両がこちら……!


窓を潰してトイレに変えたところも、違和感のない仕上がりです(汗)。


この車体ラッピングは「三江線神楽号」という名前なんでしょうか。石見神楽をモチーフにしたデザインのようですが、画風がどことなくコミカルなのがいいですね。


でもこの「三江線神楽号」、前面のインパクトはなかなかのものですね。



前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

新着記事