2020年8月21日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

春の道北・船と車と鉄道で 2016 (59) 「直進できる T 字路」

 

道道 784 号「黒橋京極線」を西に向かい、国道 276 号との交点まで戻ってきました。道道 784 号はこの交叉点が終点です。


交叉点を左折して、国道 276 号に戻りました。倶知安駅前行きの道南バスとすれ違います。



直進できる T 字路

国道 276 号は、京極郵便局、そして北海しんきん京極支店の先が T 字路になっているのですが……


T 字路を直進すると(日本語としておかしい)、京極町役場に入ることになります。役場から真北(かな?)に伸びる道が南北のメインストリートになっているというのは、中々格好いいですね。


役場の敷地内に突入しても仕方がないので、ここは素直に左折です。



セイコマ!

そう言えば、14 時を回ってしばらく経つのですが、まだ昼食をとってませんでしたね……。


……ちょうどいいところに救いのマークが!



「ガラナエール」と「ガラナ」の違いを考える

セイコマでちょちょいと買い物をして、軽く昼食代わりのおやつを頂くことにしましょう。


「ガラナエール」と「ガラナ」の違いが良くわからなかったので、成分を確認してみたのですが……大きな違いは無さそうな感じでしょうか。


あとは「粒あん&ホイップデニッシュ」を。ホイップと粒あんが合うのは万人の認めるところですが、最初に発見したのは誰だったんでしょう……?



カシプニ川のカシプニ橋

無事に糖分補給も終わったので、再び国道 276 号を南下します。


カシプニ川の橋の名前は「カシプニ橋」でした。ド直球でしたね……。


前方に「尻別岳」がだんだんと大きく見えるようになってきました。もうすぐ喜茂別町です。



前の記事続きを読む


www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

新着記事