2020年8月26日水曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

春の道北・船と車と鉄道で 2016 (62) 「熱唱!細川たかしの像」

 

道道 66 号「岩内洞爺線」を西に向かい、真狩村に入りました。真狩村は未踏の市町村のひとつだったんですが、国道も高速道路も鉄道も通っていないので、どうしても通過するチャンスが限られるんですよね。


道道 230 号「三ノ原ニセコ線」が分岐し、道道 97 号「豊浦京極線」と合流する十字路(ややこしいな)を右折して北に向かい、真狩川の手前までやってきました。川の上には沢山の鯉のぼりが吊るされて……いや、並んでいます。


真狩川の手前を右折して向かった先は……


「河川公園直売所」というお店の駐車場、です。今頃気づいたんですが、実は川の北側に「真狩河川公園」の駐車場があったので、そこに車を停めるのが正解だったみたいです(いや、妙に駐車枠が少ないなぁ、とは思ったのですが)。大変失礼しました。ごめんなさい!


ちょいと言い訳をすると、真狩川の南側にこういう案内が出ているんですよね。これはあくまで歩いている人向けの案内で、車で来た場合は北側の駐車場へ……という案内が欲しいところです。

夏風邪に注意

お店の駐車場からは、真狩川に並ぶ鯉のぼりが見えています。


そしてこの先(右後ろ方向)に「細川たかし記念像」があるとのこと。真狩村に来たならば、これは見ておかないといけないだろう……ということで。


ただ、本来は「徒歩 1 分」と書かれている場所の上になにやら張り紙が……。


「細川たかし」は「風邪で声が出せません」とのこと。「夏風邪に注意」とありますが、夏からずっと風邪ひきだったんでしょうか……?



真狩河川公園

このあたりは「真狩河川公園」として整備されているようで、遊歩道や橋などが整備されています。その一角に……


「トイレのご案内」が。橋を渡った向かい側(本来の駐車場があるところ)にトイレがあるみたいです。



熱唱!細川たかしの像

そして、「トイレのご案内」の先に……いました!


そこには羊蹄山を背に熱唱する「細川たかしの像」が!


もちろん台座にも「熱唱」「細川たかしの像」とあります!


ちなみに、「細川たかしの像」を右から見ると……謎の手形が並んでいますね。


これらの手形がどうやらスイッチになっているようです。左上から「心のこり」「メッセージ」「北酒場」「浪花節だよ人生は」「矢切の渡し」とあります。よーく見ると「細川たかし像の歌う時間は 9:00~18:00 です」とありますね。


駐車場やトイレを川の北側に設けたのに、「細川たかしの像」を川の南側に設置したのは、羊蹄山と真狩川を背景にしたかったのでしょうね。思惑通り、すんごくいい感じの借景?になっています。



前の記事続きを読む


www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

新着記事