2021年2月5日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

冬の愛媛・大分フェリー旅 2020 (30) 「自転車推し?」

 

「川之浜第四トンネル」を抜けて、旧・瀬戸町の西部にやってきました。花が綺麗に咲き誇っていますが、もうすぐ 3 月……という時期でしたから、これは梅ではなく、早咲きの桜だったんでしょうか。



大久東トンネル(198 m)

「大久東トンネル」が見えてきました。長さは 198 m ということで、この界隈では割と一般的な長さでしょうか。


出口側は緩やかな右カーブです。



横文字に走ったネーミング

この先、「瀬戸展望休憩所」という展望スペースと、「瀬戸アグリトピア」という研修・宿泊施設があるみたいです。「道の駅 瀬戸農業公園」というネーミングが安易に横文字に走らなかったことを密かに評価していたのですが、安易に横文字に走ったロッジが別にあったから……かもしれませんね(汗)。


国道は大久集落の北側の高台を通っています(いつの間にか標高 230 m あたりまで駆け上がっていました)。海が見えますね……!



自転車推し?

早咲きの桜?と、その先に自販機が設置された建物が見えてきました。


どうやらこの建物は廃業した店舗の跡のようですね。手前の案内は三崎港まで自転車で 10 km であることを示しています。


右側の尾根には風力発電用のタービンが 4 基並んでいました。左に見える駐車場は展望スペースのもののようです。


右折車線が準備された交叉点にやってきました。案内には自転車のマークと「風車コース」というコース名?が記されています。愛媛県は自転車推しなんでしょうか……?


海側に展望台を設置するくらいですから、高台からの海の眺めは格別なんでしょうね。



裏を読んでみる

この橋の左側が大久集落ですが、国道は 220 m ほどの高台を通っていることもあってか、残念ながら集落は見えません。学校も郵便局もあるみたいなんですが……。


大久集落に向かう道が分岐しています。直線距離だと 4~500 m ほどですが、200 m 以上の高度差があるので、2 km ほど下り坂が続くようです。


ところで、こちらの案内板は何なんでしょう。季節ものの標識で裏返してあるのか……と思ったのですが、そうでも無さそうな感じです。


実際に反対側から見てみると……


ということでして。左カーブの途中にあるから見やすい右側に設置した……ということなんでしょうけど、どうせだったら裏側にもなにか看板をつければ良いのに……。あ、久しぶりに農業用モノレールを見かけたような。



大久トンネル(194 m)

「大久トンネル」が見えてきました。長さは 194 m で、ここも「自転車に注意」とあります。


トンネルの出口の先が青白く光っている絵が、なんか好きなんですよねぇ……。



前の記事続きを読む


www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

新着記事