2018年4月2日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

山陰本線の旅(番外編)#1 「江津・その1」

 

三江線の起点だった江津駅にやってきました。あとは家に帰るだけということで、山陰本線で出雲市まで出て、そこから「やくも」で岡山に戻る……という正攻法もありましたが、どうせなら、もうちょっと先まで足を運んでみようか……ということで、益田に向かうことにしてみました。旅は~まだ~終わら~ない~


1 番のりばでは 14:52 発の出雲市行き(ちなみに 14:42 着なので、10 分停車ですね)が間もなく出発しようとしていました。三江線 426D の江津着が 14:49 ですから、3 分で乗り換える必要があったことになります。

とりあえず改札へ

次に益田に向かう列車は、15:21 の快速「アクアライナー」益田行きです。30 分ほど待ち時間があるので、一旦途中下車することにしましょう。


改札に向かう跨線橋は、思いのほか狭いものでした。


階段の脇には、「JR 三江線フォトコンテスト」の入賞作品が展示されていました。


跨線橋を渡って、1 番のりばにやってきました。向こう側の 3 番のりばには、先程まで乗車してきた三江線の車輌が停車中です。今度は 16:38 発の 431D として、浜原に戻ることになります。



ちょいと途中下車

改札の外から、次に乗車する「アクアライナー」の時間とのりばを確かめます。あと 26 分後に 2 番のりばから発車ですね。


英語表記の列車名は……"Conducterless-Train Aqualiner" ですか。「車掌」ってアメリカ英語では "Conducter" なんですね。



駅前をウロウロと

まだ少し時間があるので、ちょっとだけ駅の外に。


駅のすぐ前を国道 9 号が走っていることもあってか、駅前広場もあまり広くなく、コンビニも見当たりません(江津にコンビニが無い、ということではなくたまたま駅前に見当たらない)。駅の北側には大きな製紙工場があるようですね。



前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

新着記事