2018年4月10日火曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

山陰本線の旅(番外編)#7 「浜田~西浜田」

 

益田行き 3455D は、浜田から益田までの各駅に停車します。浜田から益田までの 41.2 km を 50 分で走るということは、表定速度は 49.44 km/h ということになりますね。すべての駅に停車することを考えると、悪くない数字です。



マリン大橋

浜田駅のあたりは、三方を山に囲まれた盆地のような地形でしたが、南西に向かって走ること 2 分ほどで、再び海が見えてきました。


ちなみに……奥のほうに見えている吊橋は「マリン大橋」という名前なのだそうです。和洋折衷のベタな感じのネーミングですね。こういうセンスは嫌いじゃないです(いや、割と好きです)。



絶賛工事中

埋立地の脇を走ること 2 分ほどで、今度は建設中の橋が見えてきました。最後の一径間に橋桁が乗れば完了という状態のようで、なかなか貴重な瞬間だったのかも……。


この道路は、国道 9 号「浜田・三隅道路」の浜田港 IC からベイエリアに向かうための道路だったようですね。2016 年末の時点では絶賛工事中だったようですが、今はどうなっているのでしょう。まだ Google Map の航空写真には出てきていないようですが……。



海水浴場のある港

進行方向右側に、大きな湾が見えてきました。地形図では、この湾自体に「浜田港」という名がつけられていますね。


ところで、湾の真ん中にこんなものがあるのですが、これは何だったんでしょう。浮いているようにも見えますし、海底に基礎が伸びているようにも見えます。もうちょい解像度が高ければ良かったのですが。


海水浴場が見えてきました。写真ではほとんど見えませんが、ずっと先に仕切りがあって、その仕切りの先が港になっているみたいです。テトラポットは遊泳者が沖に流されるのを防ぐ役割もあるんでしょうけど、船舶の誤進入を防いだり、砂の流出を防止する役割が大きいのでしょうね。



西浜田駅(にしはまだ──)

浜田から 7 分ほどで、次の「西浜田」に到着です。この駅の詳細については、また明日にでも……。



前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

新着記事