2018年4月23日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

山陰本線の旅(番外編)#16 「益田・その2」

 

益田からは、特急「スーパーおき 5 号」で新山口に向かいます。「スーパーおき 5 号」が到着するまで 26 分ほど待ち時間があったので、途中下車して改札の外に出てみました。


時刻表なんですが……山口線も、そして山陰本線の長門市方面も本数が少ないですね~。山口線は特急の 3 往復を足しても合計 10 往復しかありません。長門市方面に至っては優等列車の設定自体が随分前に無くなってしまいました。



「くすりのタナカ」さん!

待ち時間の間にちょっと街を散策……と思っていたのですが、


ふと左の方を見てみると……おおお! 薬屋さんがあるじゃないですか!


実は、午前中に乗車した福塩線のディーゼルカーが割と暖房控えめでして、風邪を悪化させてしまったようなのです。既に江津のあたりで鼻水ズルズル状態でして(汗)、益田に着いて「もーあかん!」と思っていたところでした。

江津駅で「例のアレ」の存在を見落とすなど、既に注意力散漫だったのは、ひとえにこの風邪のせいだったのでした。

「くすりのタナカ」さんで佐藤製薬の「ストナ」を購入して、ついでにポケットティッシュまで頂いてしまいました。いやー本当に助かりました。本当にありがとうございます。


ちなみにお隣にはレコード屋さん(死語)が入っています。ところでうぃきぺには「駅構内には楽器店が入居している。」とだけ記されているのですが、これってもしかして……。

なんかそんなニュースを聞いたような記憶も薄っすらとあるのですが、裏付けがとれず……。

アルファベット表記の謎

益田から新山口(かつての「小郡」)までは 1850 円とのこと。えーと、これはギリギリ自販機で購入できる金額だったでしょうか。よく見たら一部の駅だけアルファベット表記があるのですが、「仁万」や「三保三隅」、「石見川本」にアルファベット表記があって、「津和野」や「萩」にはありません。これってどういう基準なんでしょうねぇ……。



乗車位置へ

「スーパーおき 5 号」の出発まで、まだ 15 分ほどありますが、ぼちぼちホームに戻ることにしましょうか(お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、割と時間には余裕を持ちたい性格みたいです)。


益田から新山口まで、「スーパーおき 5 号」の 1 号車の座席を確保していました。


ということで 1 号車の乗車位置に向かったのですが……あ、2 両編成だったんですね。最初から選択の余地は無かったようです。



前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

新着記事