2020年2月3日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

夏の新日本海フェリー「はまなす」デラックス A 乗船記(クイズラリー!編)

 

フォワードサロン「ミルキウェイ」から戻ってきました。「新日本海フェリー就航45周年記念」と銘打たれたクイズラリーの開催時間が 8:30~11:30 とのことですので、早速参加してみることにしましょう。あっ、今年は就航50周年か!

回答用紙は案内所横で配布中

4 甲板の案内所横に、回答記入用紙と回収箱が準備されていました。


そして、いちぶではクイズラリー最大の難問とも言われる(どこが)、第 1 問の在り処が明かされていました。いやですね、船内を散策していると、偶然「第 2 問」とか「第 3 問」とかを見かけて、そのまま最終問まではたどり着けるんですが、意外と「第 1 問」の在り処がわからないことがありまして……。


新日本海フェリー「はまなす」は、陸地から割と離れたところを航行するので、電波が圏外になっている時間が長いです(奥尻島から石川県の舳倉島あたりまで、電波は拾えなかったような記憶も薄っすらと)。その代わりに「船舶公衆電話」が設置されているので、携帯が圏外でも通話ができるタイミングがある……らしいです(使ったこと無いので)。

最大の難問「第 1 問の所在」

かつては 2 台目の公衆電話が設置されていたと思しきスペースの一角に、第 1 問が掲示されていました。


うわっ、いきなり 1 問目からガチなヤツ来ましたよコレ! 「はまなす」は全長 200 m を超える「大型船」なんですよね。


次の問題は「自動販売機コーナーで見かけたような・・・?」というさりげない(どこが)ヒントが。ということで、自動販売機コーナーに向かいましょうか。

隠れた良問

「自動販売機コーナー」は売店の向かい、マッサージルームの手前にあります。スナック類の自販機が見えていますね。


こちらの両替機、万札を崩すのに重宝するんですよね。そして第 2 問を無事に発見しました。


おー、これも良問ですねー。舞鶴は「西舞鶴」と「東舞鶴」に分断されていて、間には「舞鶴の壁」と検問所があって通行が制限されているんですよね(殆ど嘘だよね)。一度でも舞鶴から乗船したことのある人なら楽勝かもしれませんが、これ、そこそこ難易度が高いんじゃないでしょうか。


次の問題は「浴室の前の通路あたりで見かけたような・・・?」というあからさまな(だよね)ヒントが書いてあるので、5 甲板にある浴室を目指しますか。

素人さんお断り!?

「クイズラリー」の参加は 11:30 まで、結果発表は 12:00 とのこと。午後は 6 甲板のコンファレンスルームで映画を楽しみましょう……ということですね(映画の間にはジャグリングもあります)。


階段を上がって、5 甲板にやってきました。大浴場は 5 甲板の左舷中央あたりにあります(あ、浴槽があるので一番ピッチングの影響が出ない位置にあるんですね)。


5 甲板の左舷後方にはレストランがありますが……


あら、こんなところに第 3 問が(わざとらしい)。「船の横揺れを抑える装置はなんと言うでしょう?」という質問ですが、うわーっ、なんと言うことでしょう~。しかもヒントが「分からなければ、船員さんに聞いて見て。」ですからね! 第 3 問にしてついに素人さんお断りの領域に入ってきました。


そして、次の場所のヒントが「プロムナードで見かけたな~」なんですが、「プロムナード」の場所がわからない!という声が多数だったのか、横にはなんと「5 階プロムナード位置」という紙が追加されていました(笑)。

「Jupiter」なのに「土星」とは

問題の「プロムナード」を目指す前に、せっかくレストランの近くまで来たので、中を覗いてみましょう。レストランの店名は「Jupiter」だったんですね。


営業時間外だったので誰もいないのですが、満席時に待つための椅子が予め用意されていました。


そして、レストラン入り口に向かう廊下には、何故か土星の写真が。店名が「Jupiter」(木星)なのに「Saturn」(土星)の写真とはこれいかに……。


……と思ったら、「Jupiter」っぽい写真も飾ってありました。特徴的な大赤斑が見えないですが、これ、木星ですよね?


「土星」「木星」と来たら、その手前には小惑星帯……ですが、まぁ普通は「火星」ですよね。



前の記事続きを読む


www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

新着記事