2021年4月16日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

冬の愛媛・大分フェリー旅 2020 (65) 「It's a……, it's a……, it's a……」

 

総額一億円?の石灯籠(イミテーション)ラッシュが一段落して、今度は右手にホテルらしき建物が見えてきました。少し手前に案内のあった「ホテルベイグランド国東」のようです。めちゃくちゃ大きなホテルでは無いですが、小さすぎるわけでも無く、なかなか良いサイズなのではないでしょうか。


この先の海側に「黒津崎」という岬があり、一帯は高さ 10 m ちょいの台地になっています。右手の敷地には高圧電線の鉄塔が見えますが、変電所か何かなんでしょうか……?


変電所かと思ったのはどうやら間違いだったようで、植え込みにちゃんと答が出ていました。「ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング株式会社 大分テクノロジーセンター国東サテライト」なのだそうで、えーと……44 文字ですね(数えるな)。

<
br /> ちなみにこちらの拠点ですが、上空から見てもなかなか分かりやすくなっています。


ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング株式会社 大分テクノロジーセンター国東サテライト(長いな)のちょい先、黒津崎のすぐ近くには「ヴィラ・くにさき」が見えます。ちょうどこれらのホテルの間にソニーセミk(ry がある、ということになりますね。


完全にリゾートホテルの立地ですが、実は出張客の利用も結構あったりして……。

愛媛で見かけたあの会社

国道 213 号は、引き続き「大分交通国東線」の跡を通ります。ただ、市街地に入ってきたこともあり、いつの間にか 50 km/h 制限になっていました。


見慣れないブランドのセルフのガソリンスタンドがあるなぁ……と思ってよく見たら、そこには「SOLATO」の文字が。愛媛県下では妙に多く見かけた「太陽石油」のガソリンスタンドが、海の向こう側の大分県にもあったのでした。


そして「なぜセブンなんだろう」と思ったのですが、お隣のホームセンターと一体化してたんですね。



運命の分かれ道!

国道 213 号は、国東町の中心部に入る手前で西に向きを変えました(線路跡からも外れたことになります)。この先は T 字路になっているのですが……


見、見づらい……。左折すると大分県道 201 号「国東安岐線」で南へ(国東半島南回りルート)、そして右折すると国道 213 号で旧・国見町経由で豊後高田へ向かう(国東半島北回りルート)ことになります。


実はこの交叉点が「運命の分かれ道」になるのですが、絶妙なタイミングで信号が変わりました!


いつもは残念でしか無い「赤信号」ですが、今回は僅かながら長考の時間を与えてくれるものとなりました。



北回りか、南回りか

ここから北九州市に向かう場合、カーナビは大分空港まで戻って「大分空港道路」経由でのルートが最善であると表示し続けていました。想定到着時刻はついに 19 時を僅かに過ぎた時間となっていました。


ここで左折して引き返せば、目標の 19 時過ぎにゴールに到着することができそうです。そして右折した場合のルートが出てこないのは、「更に時間がかかる」可能性がある……のかもしれません。

カーナビには「有料道路優先」だったり「距離優先」と言ったオプションがありますが、確か設定していなかったと思う……んですよね。

隠していてもあまり意味がないのでゴールを明かしてしまいますと、ここから「新門司港フェリーターミナル」に向かおうとしていたのでした。フェリーは 21 時に出港してしまうので、遅くとも 19 時半には到着しておきたいところです。おそらく 20 時到着でもギリギリ間に合うとは思いますが……。

改めて条件と状況を記すと、こんな感じでした。
  • できれば 19 時に新門司港フェリーターミナルに着きたい
  • ナビは「大分空港道路」経由で 19:07 頃の到着を示している
  • 国東半島北回りルートの想定到着時刻は不明
  • 国東半島はもとより、福岡県内の東九州道の土地勘もゼロ
  • 19 時は必着ではないが、どれだけ遅くても 20 時前には必着

参考までに Google マップの出したルートもお見せしますが、やはり「大分空港道路」経由の「南回りルート」を勧めてきました。


既にナビの示す想定到着時刻が 19 時を過ぎてしまっているだけに、もう一刻の猶予もありません。国東半島北回りか、それとも南回り(大分空港道路経由)か。決断の結果は……また来週!(コラーッ

前の記事続きを読む


www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

新着記事