2018年5月9日水曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

春の東北小旅行 2015 (3)「時速 18 km からの脱出」

 

第二京阪の「京田辺本線料金所」の ETC ゲートを通過すると、目の前に建設中(当時)の橋が見えてきました。現在は既に開通済みの、新名神の八幡京田辺 IC(下り線のランプウェイ)ですね。


下り線があるなら上り線も……ということで。第二京阪から新名神(東行き)に向かうランプウェイです。こちらは随分と工事が順調に進んでいたようですね。


こんな横断幕まで。八幡京田辺と城陽の間は確かにつながりましたが、八幡京田辺から高槻まではいつつながるのでしょう……?



この先 渋滞 追突注意

第二京阪を京都方面に向かって走っていたのですが、気がつけば前方に見える車の数が増えてきました。


そして路肩には「この先 渋 滞 追突注意」という電光掲示板を搭載した車輌が。あー、とうとう渋滞ですか……。


京滋バイパスが渋滞するのはちょくちょくあることなんですが、京滋バイパスの渋滞が第二京阪まで伸びることは滅多にありません(さすがゴールデンウィーク……)。12 km を 40 分ということは……時速 18 km/h ってことですか(汗)。



時速 18 km からの脱出

時速 18 km は流石にめげるなぁ……と思っていたところに、なんと「久御山南 出口」の文字が! 後光が差して見えますね!(風を通す構造ですその看板)


ちなみに久御山町のカントリーサイン?は「サザンカ」とのこと。何故なのか理由は聞かないでください(知らないだけです)。


本線が平均時速 18 km/h でノロノロ運転を強いられているのを横目に、久御山南 IC でささっと流出することにしました。だいたいこの手の回避行動って裏目に出ることが殆どなんですが、果たしてどうなるでしょうか……?



前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

新着記事