2019年7月11日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

夏の焼尻・天売・道北の旅 2015 (65)「『啓徳小中学校』最後の夏」

 

国道 40 号と道道 256 号「豊富遠別線」が合流する「T 字路」にやってきました。どう見ても十字路ですが、その辺は華麗なスルーパスを決めたいところです。


ということで、ここはもちろん存在しないはずの道を進むしか無いでしょう。雄信内の集落を東西に貫く道ですが、古くからの道にしては幅に余裕があるのが北海道らしいですね。


雄信内川にかかる橋は、なんと「14 t 制限」の規制つきでした。この標識は久しぶりに見たような気がします。


ここまでの道幅は広かったですが、橋の幅は随分と狭いものです。普通車のすれ違いも容易では無さそうな感じがします。



啓徳小中学校

橋を渡り終えると、再び片側一車線の快適な道路に戻ります。


そして、ほどなく国道 40 号に合流です。


この道は現在の国道 40 号が整備される前から存在するものですが、すぐ南隣を国道 40 号が通っています。そのため、雄信内川には橋が二つ並んでいる……ということになります。旧道の橋を維持する理由は、国道の南側にある「天塩町立啓徳小中学校」への通学路を確保したいから(国道を通学させたくないから)なのでしょうね。


ちなみにこの「啓徳小中学校」ですが、中学校のほうが 2016 年に統廃合されてしまい、現在は「啓徳小学校」となっているようです。ここを訪れたのは 2015 年のことですから、図らずも「最後の夏」に訪れたことになるのですね。

道道 256 号とはここでお別れ

国道 40 号を中川・音威子府方面に向かって走ります。ここは国道 40 号と道道 256 号の重複区間(のようなもの)ですが……


程なく道道 256 号が左に分かれます。この先を左折すると天塩川を渡り、宗谷本線の「雄信内駅」方面に向かうことができます。


……が、雄信内駅には向かわずに、そのまま東に向かいます。前方にトンネルが見えてきました。



公安委員会による隠蔽の実態

トンネルの随分手前から「トンネル走行注意」の注意喚起です。随分と気合が入っていますね。


今度は「対向車接近注意」の電光掲示まで。トンネルの入口も見えてきましたが……なるほど、どうやらこのトンネルは少し幅が狭いようですね。


トンネル入口の直前には「公安委員会」のカバーのついた標識が。季節限定の標識でちょくちょく見かけるものですが、カバーの下にどんな標識が隠れているのか、ちょっと興味がありますね。


「雄信内トンネル」自体は、延長 750 m のそれほど長くないトンネルですが、決して幅広ではないトンネルの左右に歩行者スペースも設けているため、大型車同士のすれ違いには少々気を遣うサイズかもしれません。


トンネルの中は少し狭いかなーと思わせる程度で、特に恐怖を感じるほどのものではありません。距離はそこそこありますが、一直線ですし。



前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

新着記事