2019年7月31日水曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

きょうの出来事(2019/7/31)

 

朝食は「サフィールホテル稚内」の 1F のレストランで。このホテルが「稚内全日空ホテル」だった頃から続く、朝 9 時までバイキング、9 時を過ぎたら洋定食という方式が健在であることが確認できました。洋定食うめ~



北防波堤ドーム

久々に、ホテルの北側にある「北防波堤ドーム」にも足を運んでみました。一部は補修工事中だったようです。



「相沢さん」こと「相沢食料百貨店」

その後は駅前の「相沢食料百貨店」へ。相変わらずの賑わいを見せていました。とりあえず「ドクターペッパー」とその他数点を買って、出発です。



猿払村の「水没道道」へ

向かったのは猿払村の道道 732 号「上猿払浅茅野線」、またの名を「水没道道」です。


道が水没するとは何ぞ……という話なのですが、猿払川沿いの低地を通るこの道道は、川が増水した際に冠水してしまうことが多く、なんと「水深標」が途中数箇所に設けられています。今日は幸い水没はしておらず、無事全線を走破することができました。



ウソタンナイ砂金採掘公園

「水没道道」を走破した後は浜頓別に戻り、「ウソタンナイ砂金採掘公園」へ。


ウソタンナイで砂金が採れる……というのは知っていましたが、なんと 30 分 500 円でお気軽に採掘体験ができるとのこと。まずは「ゴールドハウス」というところで申し込んで……


川のほとりにある謎めいたテントの中へ。


中には砂利の入った水槽があり、「ゴールドパン」(この黒い皿のようなもの)を使って砂金を選り分ける方法をちゃちゃっと教えてもらって……


その後は実際に砂利をシャカシャカして砂金を選り分けます。砂金は石よりも比重があるので、うまくシャカシャカすれば底に残っている(筈である)とのこと。


本当に採れるの……? と思ったりもするのですが、インストラクターのおじさんの手にかかれば見る見るうちに 2 粒、3 粒と砂金が出てきます。ちなみに素人(私)がシャカシャカしても何も出てこないのですが、これは手際の悪さが原因ですね。


ちなみに砂金採掘体験は「水槽で 30 分」コースと「河原で日が暮れるまで」コースがあるとのこと。採れた砂金はストラップにしたり、ラミネートカードにしたりして持ち帰ることができます。



なぜか西條

その後は北見枝幸を経由して……


枝幸町歌登へ。



画期的な構造のガソリンスタンドへ

そして雄武町幌内から下川町のサンルダムを経由して、西興部村にたどり着いたところで 1000 km を走りきり、ついに燃料が尽きそうになったのでガソリンスタンドへ。事務所もなければ人の気配も無いなぁと思っていると……


なんと向かいのお店から、ガソリンスタンドの店主さん(だと思う)が歩いてやってきました。雑貨店(食料品店かも)の店番をしつつ、道路の向かいのガソリンスタンドに車が来たときだけ国道を渡って対応するという、画期的な構造のガソリンスタンドだったのでした。


ガソリンスタンドのおじさんは話好きな方で、いろいろと西興部村の面白いお話を聞かせてもらったのですが……また日を改めて!

前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

新着記事