2019年9月20日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

夏の焼尻・天売・道北の旅 2015 (105)「速く! 安心! 快適に!」

 

「右っ! 右だよ! 右だかんね! みんな右だからっ!」と全力でアピール中の交叉点にやってきました。


ここまでアピールされたのに左折して秩父別に向かうわけにもいきませんので、ここは素直に右折します(珍しく素直だね)。


素直に右折したところ、なんと 120 m ほど先で今度は左折とのこと。町中なので仕方がないと言えばそれまでですが、もう少し走りやすい線形だと嬉しいんですが……。



創英角ポップ体ふたたび

この先、国道 275 号で新十津川まで 34 km、碧水(北竜町)までは 7 km とのこと。そして支柱には、またしても創英角ポップ体……(汗)。


小学校と中学校、そしてセイコーマートが立ち並ぶこのあたりは、乗用車だと 2 台並走できそうな道幅があります。前のタント(かな)がこれだけ左に寄って減速しているということは、右側を抜けていっても大丈夫ですよね?


沼田の市街地を抜けて、幌新太刀別川を渡りました。300 m 先の交叉点で、国道 275 号はまたしても左折を強いられるようです。


沼田の市街地の交叉点は「右っ! 右だよ!(以下略)」でしたが、今度はステークホルダー(誰?)の思惑が右に左に入り乱れた感じの案内が出てきました。右折すると峠下・恵比島そして「ほろしん温泉」に、左折すると国道 275 号で新十津川・碧水(意地でも北竜町)・深川留萌道(沼田 IC)に向かうことができます。


面白いことに、この交叉点からだと直進しても、あるいは右折しても留萌に向かうことができるのですが、留萌方面は左折するように案内されています。まぁ、たしかに深川留萌道に向かうのが距離も時間も最短なので正解なんですけどね。

速く! 安心! 快適に!

今回も素直に左折して、引き続き国道 275 号で今度は南に向かいます。深川留萌道の高架が見えてきましたが、手前の柱に創英角ポップ体再び!(汗)


創英角ポップ体で「まもなく沼田 I.C」とある通り、深川留萌道の沼田 IC が近づいてきました。深川西から留萌大和田までの「無料区間」の文字が光ります。


あれだけ「速く! 安心! 快適に!」そして「通行無料」とアピールされたら「しゃあないなぁ」となるのが人情と言うものですよね。


……しかし、深川留萌道には目もくれず、そのまま通過します。いや、ほら。「情けは人の為ならず」って言うじゃないですか(なんか違うような)。



前の記事続きを読む


www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

新着記事