2019年9月13日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

夏の焼尻・天売・道北の旅 2015 (101)「雨煙別、上幌加内、幌加内」

 

「第三雨竜川橋梁」を見終えたので、そろそろ車に戻りましょう。


我が相棒ですが、前の日は虫まみれの見るも無残な状態だったので、朝イチに名寄で洗車してもらったのでした。ですのでピッカピカやでぇ(どやっ)……という筈だったのですが……


ああああ(汗)


ちなみに、駐車場の近くで花を咲かせていたのは「エゾスカシユリ」、ですよね!(やっと覚えたか


それでは、第三雨竜川橋梁を後にして、国道 275 号に戻りましょう。ちょうどいいタイミングで次の来訪者があったようです。



雨煙別

国道 275 号を南に向かいます。幌加内町雨煙別と上幌加内の間にある「新雨煙別橋」を渡ります。「雨煙別」は wen-pet なのだと思いますが、「雨煙別」とはなかなか洒落た字を当てたものですね。


「新雨煙別橋」で雨竜川を渡ると左右一面に畑が広がります。蕎麦畑は白味がかった緑という独特の色合いなんですが、これがまたいいんですよね。



上幌加内

やがて少しずつ、左右に建物が増えてきます。幌加内の中心街まであと少しです。



幌加内

ついに制限速度が 50 km/h になりました。市街地に入った証ですね。


幌加内町に入ってから随分と経つ(朱鞠内湖のあたりも幌加内町)のですが、まるでこの先が「幌加内町」であるかのような標識?が立っていました。いや、確かにここも幌加内町なんですけどね。


前方正面に建物が見えてきました。またしても T 字路か……と思ったのですが、今度は右斜め前方向に曲がるだけのようです。とは言え、右カーブだと考えるとそこそこ R は小さそうなので、それなりに減速したほうがいいかもです。



幅広のメインストリート

幌加内町の中心街にやってきました。これぞ豪雪地帯の市街地!と言った雰囲気がすんごくしますね。二車線なのか四車線なのかよくわからない幅の道路も、冬場は真ん中の二車線分以外は雪に埋もれるんですよね。


幌加内町は空知支庁に属していましたが、2010 年に支庁が解体され振興局に再編されるタイミングで「上川総合振興局」に属することになりました。深川よりも旭川や和寒のほうが関係が深くなったから、ということでしょうか。元々は「空知支庁」のエリアだったので、「北空知しんきん」があるのも不思議な話ではありません。


かつては異なる支庁に属していた和寒に向かう道道 48 号「和寒幌加内線」は、300 m 先を左折です。二桁道道ということもあってか、良く整備された快適な道路です。一部未開通だったり(どこの話だ)水没したり(どこの話だ)通年通行止めだったり(どこの話だ)することはありません。


幌加内の市街地の出口が見えてきました。豪雪地帯の象徴とも言うべき「幅広のメインストリート」もあと少しで終了です。



前の記事続きを読む


www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

新着記事