2020年6月18日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

春の新日本海フェリー「あかしあ」スイートルーム "うすもの" 乗船記(クイズラリー編)

 

朝からグリルで素敵な食事(人はそれを朝食と呼ぶ)をいただいたので、のんびりと部屋に戻ることにしましょう。5F エレベーター前には新日本海フェリーのグループ企業でもある「オーセントホテル小樽」のスイーツの宣伝と、船内で行われる「ビンゴ大会」の案内が掲出されていました。この日は午後にもジャグリングの実演があるみたいです。さすがゴールデンウィークですね。


6F へは階段で戻ります。ワンフロアですからね。少しでもカロリーを消費しておかないと……(汗)。



あらこんなところに第 2 問

6F に戻ってきました。エレベーターの脇に何か掲出されていますが……あれっ?


これは……どう見ても「クイズラリー」の第 2 問です。気がつけば既に朝の 9 時、クイズラリーの開始時間だったのでした。


6F の「コンファレンスルーム」で映画が上映されるのですが、その題名を答えれば良いみたいです。確か 1 航海で 2 本上映されていた筈なので、13 時から上映されるほうの映画の題名を答える必要がありそうです。

なんか見えたので 5F へ逆戻り

「次の問題は 5 階エントランスです。」とありますが……あ。なんか見えますね。5F に戻ることにしましょう。


5F には「第 3 問」がありました。おお、これは良問ですね!


「次の問題は 5 階カフェ前です。」とありますね。どう考えてもグリル「霞」の前に戻ることになりますが、その辺は気にしないことにして……。

5F 右舷後方のカフェ「アルカンシェル」へ

ということで、グリル「霞」の前を華麗にスルーして、5F 右舷後方にあるカフェ「アルカンシェル」にやってきました。

ちなみに、敦賀・苫小牧航路に就航している「すずらん」のフォワードサロンが「ラルクアンシェル」という名前です。ほぼ同じ名前ですが、実害は無いのでこちらもスルーの方向で。


カフェの入口手前の窓の横に……「第 4 問」がありました。


これまた良問ですね! というのも、実は横に「通過ポイント時間」という時刻表(のようなもの)が掲出してあってですね……


よーく見ると小樽~舞鶴の距離が書いてあったり……

第 5 問は 4F に

「次の問題は 4 階フロント横です。」とのことなので、部屋には戻らず 4F に降りてきました。


4F の「フロント」こと「案内所」の横、車輌甲板に向かう通路の入口に「第 5 問」がありました。


おお、これまた良問ですね。今回はマニア向けの超難問こそ無かったものの、ちょっとだけ調べないといけない良問が多かったような気がします。



ちょうどいい場所

クイズラリーの解答用紙と回収箱は、この上なく適切な場所に配置されていました(しかも左隣のブースにはクイズラリーの当選者発表コーナーまで)。昭和生まれの人だったら、このスペースの「本来の目的」が一目瞭然ですよね……。


言わずもがなですが、一番右のブースが本来の使用目的です。

何か足りない……?

さて皆さん(浜村淳っぽく)。何か重大なことをお忘れでは無いでしょうか。ここまでクイズラリーの問題をチェックしてきましたが、元はと言えば部屋に戻る途中で「第 2 問」を見かけたのがそもそものきっかけでした。そう、実は「第 1 問」の所在が不明のままだったのでした。


ここは 4F 右舷の乗下船口の横にある待合スペース?なのですが……あ、ドアの横になんか見える……?(わざとらしい


第 1 問はこんなところにあったんですねぇ……。個人的には、この問題も地味に良問のような気がします。「あかしあ」と「はまなす」はともかく、「すずらん」と「すいせん」は真剣に間違えそうになったことがありますし……(汗)。



前の記事続きを読む


www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

新着記事