2020年6月29日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

春の新日本海フェリー「あかしあ」スイートルーム "うすもの" 乗船記(下船編)

 

美味しい夕食を頂いたので、そろそろ部屋に戻ることにしましょう。小樽港到着は 20:45 の予定なので、船内に居られるのもあと 1 時間と少しです。


新日本海フェリーの「あかしあ」と「はまなす」では、個室の鍵はシリンダータイプです。カードキーではないので、下船の 1 時間ほど前に係の人が各室を回って鍵を回収に来られます。船内をウロウロしたい気持ちもあるのですが、部屋にいないと係の人が頭を抱えてしまうので、ちゃんと部屋で待つことにします。


この日は 20 時過ぎに鍵の回収に来られました。

小樽に入港

これは 20:28 時点での写真ですが、小樽の港湾施設と市街地の明かりが良く見えています。とうとう小樽に到着してしまいましたね……。


定時の 15 分前ですが、そろそろ車輌甲板に向かう行列ができる頃でしょうか。早めに部屋を出ても行列で待たされるだけなので、アナウンスが入るまで部屋で待機です(新日本海フェリーの場合、同乗下船が OK な場合が多いので、乗船時よりも下船時のほうが甲板が混雑する傾向にあります)。


車輌甲板が開放されたとの船内アナウンスが入ったので、荷物をまとめて車輌甲板に向かいます。新日本海フェリーの場合は、下船時にも二次元バーコードのチェックが入るので、「e 乗船券お客さま控」が必要となります。手元に準備するのをお忘れなく。


もちろん、部屋に忘れ物をしないようにご注意ください。定番ですが、冷蔵庫は要チェックです。


鍵回収から退室まで 30 分ほどあったので、少しベッドを整えるなどしておきました。

スロープは閉鎖中

3 層ある車輌甲板の最下層(1 甲板)にたどり着いたのは、定刻の 5 分前でした。ちょいとギリギリの感もありますが、1 甲板からの下船は最後になるので、まぁ問題ないでしょう。


ミラー越しなので分かりづらいですが、出口(2 甲板に向かうスロープ)は閉じられたままです。スロープの上の屋根?が開かない限り、車が外に出ることはできません。


おっ、スロープの上の屋根が上がり始めました!


2 甲板へのルートが開きました。これってなんか RPG みたいですよね。



1 甲板からの脱出

決して広いとは言えない 1 甲板ですが、なるべく前進だけで出入庫ができるように、車を駐車する向きが考えられていました。グルっと左に 180 度以上カーブして、スロープに向かいます。


自車の最小回転半径に近づけるべく、しっかりとステアリングを切りましょう。


スロープを駆け上がり、2 甲板に向かいます。



小樽に上陸!

「あかしあ」は小樽港内で 180 度向きを変えて、右舷から接岸します。ということで、2 甲板右舷後方から下船します(乗船時は左舷からでした)。


少し待たされたので 20:59 になっていましたが、ついに! 小樽に上陸です!(もう少しマシな写真は無かったのか


それでは、引き続き「春の道北・船と車と鉄道で 2016」をお楽しみください……!

前の記事


www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

新着記事