2020年6月22日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

春の新日本海フェリー「あかしあ」スイートルーム "うすもの" 乗船記(プライベートテラス編)

 

部屋に戻ってきました。生憎の曇り空ですね……。


これは数時間後の写真ですが、なかなか良い感じに晴れてくれました。窓の外にはプライベートテラスがあり、外の空気に触れることができます。


薄曇りの写真に戻ります(汗)。「あかしあ」と「はまなす」では、窓のクレセントは上下に二つ存在しています。これは施錠という意味よりも、窓をしっかり固定して振動を抑えることが目的です(フェリーでは巨大なディーゼルエンジンが動いているので、そこそこ振動があります)。


サッシのレールの先にはストッパーのようなものがついているのですが、随分と傷んでしまっていますね。窓を開閉する際には気をつけましょう……。


宣伝用の写真なんかですと、プライベートテラスにデッキチェアが置いてあったりするのですが、「あかしあ」のテラスにはデッキチェアの用意はありません。


プライベートテラスの前方には壁と窓が見えますが、この窓は浴室の明かり窓です。浴室からだと割と小さい窓に見えたんですが、こうやって見ると結構大きいですね。



僚船「はまなす」

曇天の下、テラスに出て外を眺めていると……


何か見えてきました。時間は 10:11 頃です。


ということで、僚船「はまなす」とすれ違います。新日本海フェリーは左側通行ですれ違うのが恒例なので、右舷の部屋を確保しておけば、部屋からすれ違う様子を眺めることができます。


ズームしてみると……結構見えちゃうものですね。


「はまなす」のスイートのプライベートテラスには、誰もいないようです。……そうかここまで見えちゃうのか。これは気をつけないと……(何を)。


まぁ、実際にはこれだけ離れているのですけどね。



前の記事続きを読む


www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

新着記事