2019年6月20日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

Bojan のホテル探訪~「しょさんべつ温泉 ホテル岬の湯」編(おしまい)

 

一夜が明けて、新しい朝がやってきました。ちょいと曇り空なのが残念ですが、もともと西向きの部屋なので朝日を期待してはいけません。


手前に変な模様が写り込んでいますが、部屋のガラスがワイヤー入りだったもので……。目一杯頑張ったんですけどね。



朝食も「レストラン花みさき」で

では、8 時になりましたので、そろそろ朝食を頂くことにしましょう。朝食会場も夕食と同じく 1F の「レストラン花みさき」です。


テーブルクロスが一般家庭にもありそうな感じの柄のもので、ちょっとほっこりした気分になります。そして主役の朝食ですが……


おー、ニッポンの朝ごはんデラックス版と言った感じですね。焼き魚が鮭じゃないのはちょっとした拘りでしょうか。そしてお味噌汁の中には帆立貝が。「あさりの赤だし」とか美味しいですが、ホタテは白味噌が合うような気もします。


ということで、大変おいしゅうございました☆

館内で自給自足が基本です(ぉ

初山別村は、数年前にセイコーマートが開店したばかりですが、この「ホテル岬の湯」からはちょっと離れたところにあります(ですので「ちょっとセイコマへ」ということは難しいです)。正面玄関は安全対策のためか、深夜帯は外からは開けられないようになっているようです。


もっとも、館内にちゃんと「自動販売機コーナー」があるので、飲み物の手配で困ることはあまり無さそうです。


あ、タバコの自販機もありますね。



星がいっぱい

あと、ちゃんと売店もあるので、チェックアウトの前後でお土産を入手することもできます。


初山別村は天文台をカントリーサインにするくらいの「星推し」ですが、そういえば部屋の名前も星座の名前でした。


部屋のドアに星座のマークがついているのですが、どうせだったらドアの真ん中につけたら良かったのに……。


建物の 2F から正面玄関方向を望みます。駐車場の向こうにはカートコースもあったんですね。かなり本格的なロードコースのようです。



Rating

ということで「ホテ探」でのお約束の時間がやってきました。一流ホテルのような華美さや重厚感は無いものの、機能的なレイアウトでまとめられた部屋はかなり快適なものです。また夕日を眺められるロビーなどのパブリックスペースがちゃんと用意されているのもポイント高いですし、何よりも「初山別のふぐ」を味わえるのが「オンリーワン」かもしれません。

毎度毎度心苦しいのですが、今回も「★★★★・」(四つ星)で。五つ目の星を隣にある天文台で探してみるのもいいかも知れません(一体何を言ってるんだ)。

前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

新着記事