2019年8月9日金曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

夏の焼尻・天売・道北の旅 2015 (80)「道道 445 号『紋穂内停車場線』完全走破」

 

この日のゴールは名寄なので、美深から「名寄美深道路」で南に向かえばいいものを、何を思ったか、国道 40 号(名寄美深道路じゃないほう)を北に向かっています。


途中、日本最北のセブンイレブンに立ち寄って……


再び国道 40 号を北上します。名寄美深道路の終点である「美深北 IC」が見えてきました。


道路脇には「函岳」への案内板がありました。音威子府村・枝幸町・美深町の 3 町村の境界に位置する函岳は標高 1129 m の山で、美深側から(枝幸町からも行けるのかも?)車で登ることができるようです。ただ、路面は舗装されていないとのことで、ダートを走るのに適した車でないと厳しそうな感じです。



道道 445 号「紋穂内停車場線」

国道 40 号を北に走ること 8 km ほどで、次なる目的地への案内が見えてきました。


信号を右折すると、道道 445 号「紋穂内停車場線」に入ります。ちょいと狭い道ですが、ほどなくセンターラインが復活します。


ただ、天塩川にかかる「紋穂内橋」はちょっと狭そうな感じです。


センターラインは無く、乗用車同士のすれ違いもちょっと注意が必要な感じでしょうか。ただ、幸いなことにそれほど車が通っているわけではないので、ささっと渡ってしまうのが吉です。


橋を渡った先で、道道 445 号は右に向きを変えます。まもなく紋穂内駅です。



道道 445 号、これにて完走

駅前広場っぽいところでセンターラインが途切れます。道道 445 号「紋穂内停車場線」はここが起点です。国道 40 号との交叉点が終点なので、つまり道道 445 号を全線完走した、ということになります(所要時間:数分)。


貨車(車掌車)を改造した駅舎は塗装がひどくヒビ割れていますが、駅前の路面も負けず劣らずヒビ割れています。年間の寒暖の差が激しいのと、もしかしたら地下水も豊富なのかもしれませんね。


駅前には車や自転車の姿も無いので、ちょいと駐車させてもらって……。


紋穂内駅をじっくりと見て回ることにしましょう。



前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

新着記事