2018年8月23日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

きょうの出来事(2018/8/23)

 

今朝は「ANA クラウンプラザホテル稚内」の洋定食をいただきました。過去にも何度か記しましたが、このホテルの朝食は 9 時までが「和洋バイキング」で、9 時から 10 時までが「洋定食」となっています。もちろん、「洋定食」狙いで朝寝坊したことは言うまでもありません。

ということで、その「洋定食」なのですが……


いやいやいやいやいや……、本気出しすぎじゃありませんかっ? 朝からこれだけのクオリティのものを頂けるだけで内心ガッツポーズものなのに、質だけじゃなく量までゴージャスと来た日には……。ということで、ANA クラウンプラザホテル稚内の「洋定食」が、更に大好きになってしまったのでした。


ANA クラウンプラザホテル稚内、かつての「稚内全日空ホテル」は、北防波堤ドームのすぐ近くにあります。そんなわけで、駐車場に車を停めたままツーショット?も撮影できてしまいます。

宗谷岬公園「祈りの塔」

チェックアウトの後は、市内を数ヶ所寄り道した後、本州北海道最北端の宗谷岬へ。


もっとも、お目当ては「日本最北端の碑」ではなく、こちらの「祈りの塔」が本当の目的地でした。


この「祈りの塔」は、1983 年 9 月 1 日未明に発生した、ソ連防空軍による大韓航空機撃墜事件で犠牲となった方々を鎮魂するための碑、です。塔の左側には犠牲者の名前が刻まれており、いくつか見覚えのあるお名前もありました。



村道エサヌカ線

その後は、猿払の有名な村道である「エサヌカ線」を走ってみました。もうすっかり有名になってしまったようで、2 輪・4 輪問わず結構な数を見かけました。



三笠山展望閣

そのままオホーツク海沿いを南下して、枝幸町にやってきました。「檜山江差」ではなく「北見枝幸」のほうですね。町を一望できるビューポイントがあるということで行ってみたのですが……


あららん。工事中のため 3 階の展望台は閉鎖されていたのですが、なんと 2 階のカフェは営業中でした。


せっかくなので、カフェオレをいただくことに。


このカフェオレが後に大きな波乱を招くことを、その時には気づいていなかったのでした。詳細はいつか旅行記を連載した時にでも!(何年後だ

計呂地交通公園で小休止

その後、枝幸からはオホーツク海沿いをひたすら進み、湧別町は計呂地(けろち)にやってきました。


いやまぁ、例によって生理現象による一時停止だったんですけどね。計呂地駅の跡には SL が展示されていて、客車はライダーハウスとして今も現役のようです。



稚内から斜里にやってきました

計呂地からは佐呂間、常呂、網走、そして小清水を経由して……


数年ぶりに斜里のルートインにチェックインしました。これから夕食どころを探すところです。

前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

新着記事