2018年8月25日土曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

きょうの出来事(2018/8/25)

 

ついに道内最終日となりました。昨日に引き続き、今朝もどんよりとした天候でしたが、まぁ台風が来てますからねぇ。

ピィ!

ということで、昨日は荒天のためスキップした、本州……じゃなくて(ぉぃ)北海道最東端の「納沙布岬」へ行ってきました。今回は「根室市北方領土資料館」に入ってみました。


中では……「北方領土エリカちゃん」がピィピィ鳴いていました(汗)。


2F には、戦前・戦中の北方領土に関する展示がされていたのですが、


根室と国後の間に「海底電信線」があったというのは知りませんでした。まぁ、よく考えたら猿払と樺太の間にも海底電信線があったそうですし、北海道と千島の間にもあって当然と言えば当然だったのですけどね。


ここ数日の北海道は割と暑かったのですが、さすがは根室、気温は 15 ℃ ほどしかありません。



懐かしの「羨古丹駐車公園」

根室からは、太平洋側をひたすら西に向かいました。途中で浜中町の「羨古丹駐車公園」で小休止。ここになにかあるわけでは無いんですが、以前にも来たことがあったので、つい。



霧多布岬

続いては、毎度おなじみ生理現象による小休止……ということで、本来は立ち寄る必要の無かった霧多布岬へ。



厚岸グルメパーク

そして、ちょうどお昼になったので、厚岸の「厚岸グルメパーク」で生牡蠣でもいただこう……と思って立ち寄ったのですが、思いの外の大繁盛でレストランも満席とのこと。泣く泣く生牡蠣は諦めたのでした。



「釧路町」と言えば

厚岸から少しだけ国道 44 号を走って、再び海沿いの道道へ。釧路町には、こんな形のユニークなアイヌ語地名案内板がところどころにあるのですが、少し数が減ったような気もします。寂しい限りです。



恋問の道の駅

釧路で燃料(軽油)を補給して、再び国道を西へ。またしてもいつもの生理現象のため、恋問の道の駅で小休止しました。



昆布刈石展望台

またしても国道から離れて、太平洋側の道道で西へと向かいます。国道 336 号の支線に入って十勝太に向かう……つもりが、間違って旧道(未舗装)に入ってしまいました。まぁ、おかげで「昆布刈石展望台」に来ることができたわけですが……(汗)。



襟裳岬

昆布刈石からは大樹・幕別町忠類・広尾を経由して黄金道路へ。百人浜の手前でようやく雨が止み、襟裳岬ではすっかり晴れ上がっていました。とは言え、いつもどおりの強風で、しかも気温は 16 ℃ ほどなので、どう考えても防寒が足りないということで、今回は岬の先端に行くのはスキップしました。



静内にて

襟裳岬からは日高地方を北上し、静内の回転寿司屋さんにやってきました。めちゃウマなのにお値段はお手頃なのが凄いですよねぇ……。


今日はこのまま北上して、苫小牧東港に向かいます。丸 7 日(実質 6 日)で北海道をぐるっと一周したことになります。

前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

新着記事