2018年10月2日火曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

春の東北小旅行 2015 (90)「セブンイレブン志津川天王前店」

 

南三陸町の「南三陸警察署」の前にやってきました。おそらく現在と同じ場所だと思われるのですが、ご覧の通りプレハブ造りの仮庁舎です。


南三陸の警察署は、もともとは志津川の駅のすぐ近くにあったようです。志津川駅の周辺も津波で壊滅的な被害を受けたため、高台に移転したということなんでしょうね。


警察署と同様に、役場も山間の高台に移転しています。現在役場のあるあたりは、1999 年修正の地形図では山地が広がっていました。尾根を切り崩し、残土で谷を埋めて平地にしているようです。ただ、国道沿いのこのあたりは、1999 年の時点でも既に開発が進んでいたようです。平地が少なくなり、山間部にスプロールを始めていたのが幸いした感じでしょうか。

BRT 専用道

BRT 気仙沼線の専用道が見えてきました。BRT 気仙沼線は、警察署の近くの山間の高台の下を志津川トンネル(2,136 m)で一直線に抜けています。


このあたりでは長いトンネルのひとつですが、早い時点で BRT 専用道に改修されていました。その割には BRT が国道 45 号を走っていたのが若干謎ですが……。



地形大改造中

新井田川に沿って国道 45 号を南に向かいます。周りに建物が見えなくなって、代わりに造成中の土ばかりが目立ってきました。


このあたりは、何 m くらい嵩上げする予定なんでしょうか。向こうに見えている重機の高さがヒントになると思うのですが、これは 10 m では済まないような気が……。ちなみに地理院地図では、このあたりの標高は 5.0 m 程度だったようでした。


Google Map の航空写真で現況を確認してみたところ、現状はこれまた驚くべきことになっていました。かつての国道 45 号は既に指定を外れ、西側にバイパスが建設されていました。確かに、低いところを通る国道も嵩上げをしないといけないですからね。


また、BRT の「志津川中央団地駅」が新設されていますが、ここは震災前は単なる山地でした。山ひとつを切り開いて団地にしちゃうんですね……。

セブンイレブン志津川天王前店

2015 年時点ではプレハブ造りのセブンイレブンが営業を続けていましたが、現在は既に閉店済みなんでしょうね(航空写真を見る限りでは、影も形もありませんでした)。


Google Map で上空から現況を眺めると、国道と造成中(嵩上げ中)の商業地の間に新井田川が流れています。店と幹線道路の間に川が流れるというのも非効率なのですが、もしかしたら国道 45 号(旧道)のルートをそっくりそのまま川にするという予定だったりするのでしょうか。

南三陸町に来たのはこの時が三年ぶり二度目だったのですが、既に凄まじい変化が見られていました。この先十年くらい後に再訪したら、全く様変わりしているんでしょうね。楽しみです。

前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

新着記事