2018年10月1日月曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

春の東北小旅行 2015 (89)「歌津大橋の落橋」

 

南三陸町北部の「陸前港駅」の近くにやってきました。右側に BRT 気仙沼線の橋梁が見えます……が、現在は港川の改修工事のために BRT 専用道は使用されていないとのこと。結果的に今となっては貴重な写真となってしまいました。


BRT 専用道は、構造自体は単なる一車線道路なので、一般車が侵入しないように遮断機などが設置されています。



歌津大橋の落橋

東日本大震災は国道 45 号に甚大な被害をもたらしましたが、南三陸町の伊里前湾にかかっていた「歌津大橋」の落橋もその被害のひとつでした。それにしても、震災から 4 年が経過しても復旧されていなかったというのはちょっと衝撃的でしたね。


ということで、内陸側の迂回路に向かいます。


迂回路は、伊里前湾ではなく、湾に注ぐ「伊里前川」を渡ります。本来は県道 236 号の橋だったようですね。


伊里前川を渡り終えると、本来の国道 45 号に戻ります。



BRT 専用道、現在整備中

南三陸町細浦(の手前)にやってきました。JR 気仙沼線の橋梁が見えますが、このあたりは BRT 専用道としては整備されていないようですね。


南三陸町清水(しず)のあたりで国道 45 号は JR 気仙沼線の下をくぐるのですが……今度は盛土の部分が失われていますね。なんとなく人為的に切り崩しているようにも見えるのですが……。このような状況ですから、この区間はもちろん BRT 専用道としては使用されていません。


Google Map では、清水浜(しずはま)駅の西にある「志津川トンネル」は既に BRT 専用道として整備されているように見えます。ということは、国道を走る BRT の姿も今では見られないものなのかもしれませんね。



前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

新着記事