2018年11月6日火曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

春の東北小旅行 2015 (111)「PA の名前は『黒磯』、IC の名前は『黒磯板室』」

 

栃木県那須町に入りました! ……相変わらず小汚い(その程度では済まない)写真ですいません。光線の都合でダッシュボードの模様が写り込んでしまってしまい、必死に補正したのですが……。


福島県と栃木県にはひとつ大きな違いがあります。福島は東北ですが、栃木は関東です(何を今更)。だから……というわけでも無いのでしょうが、渋滞情報が急に充実してきた感があります。この日は 5/4 の月曜日で、振替休日を含めると水曜日までが祝日です。これから「ゴールデンウィーク後半戦」という感じでしょうか。


「那須まで 6 km」という、ちょっと変わった標識?を見かけました。見た目はカントリーサイン風ですが、那須 IC(だと思う)まで 6 km という情報を伝えています。



那須 IC

道路脇にはこんなデジタルサイネージも。「那須 IC」が一体どうしたのだ……と思ってしまいますが、そう言えば出口が渋滞してるって出てましたね。きっと「那須 IC」の文字が消えた後には「出口渋滞」あたりの文字が出ていたのでしょう。


「ふーん。たかが出口渋滞 1 km 程度で大げさな」と思っていたのですが、実際に那須 IC まで来てみると……おおお。高架のランプウェイに車がびっしり詰まっています。事前の情報通りと言えばそれまでですが、いやいやそれなりにインパクトがありますね。



黒磯板室 IC、出口渋滞中

そして、次の出口は「黒磯板室 IC」という耳慣れない名前の IC です。ここも出口渋滞 1 km と聞いていたのですが……


おお。これは確かに「出口渋滞 1 km」ですね。何故こんなに出口が混雑するのか良くわからなかったのですが、別荘でしょうか。それともゴルフでしょうか……?



PA の名前は『黒磯』、IC の名前は『黒磯板室』

「黒磯板室 IC」という耳慣れない名前の出口は、どうやら PA に併設された出口のようでした。ただ、ETC 専用の「スマート IC」ではなく、非 ETC 車用の出口も整備されています。


「出口渋滞 1 km」の表示が出口から 1 km 未満のところで虚しく光っていました。


ちなみにこの「黒磯板室 IC」、「板室」の名前は板室温泉に由来するそうですが、併設されている PA の名前は「黒磯 PA」のままです。別に「黒磯 IC」があるわけでも無いので、素直に「黒磯 IC」のままで良いんじゃないかと思ったり……。

前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

新着記事