2020年7月2日木曜日

次の投稿 › ‹  前の投稿

Bojan のホテル探訪~「ホテルソニア小樽」編(朝食編)

 

チェックインした日の夕食は船内で提供されたので、今回の宿泊は朝食のみ付帯するプランです。新館 4F の部屋からは、ホテルソニアの第二駐車場?が見えています。それではそろそろ失礼して……zzz


気がつけば朝になっていました。おはようございます。



釣りグッズ?

朝食会場は 1F とのことなので、まずはエレベーターに向かいましょう。


部屋の中にも謎のグッズが飾ってありましたが、エレベーターホールの前にはアンティークな釣りグッズが飾られていました。



自然光の入る廊下

ちなみに「新館 4F」には 7 部屋あって、401~405 が運河側、406 と 407 が山側ということになります。


407 の隣は(4F から上は)部屋が無いため、廊下に窓があって光が差し込んでいます。通路に光が差し込まないホテルも良く見かけますが、こんな風に自然光が入るほうが個人的には好きですね……。


エレベーターで 1F に向かいます。



欧風アンティークとすし処

1F ロビーのフリースペースも、まるで会議が踊りそうな佇まいです(もう少しマシな言い方はできないのか)。


そしてソファーからホテルの入口のほうを眺めると……どう見てもお寿司屋さんですが「御朝食」の文字が。


はい、このお寿司屋さんが朝食バイキング会場だったのでした。


お寿司屋さんで朝食バイキング……と言ったところで、朝から寿司が出るわけではなく、ごくごく普通の食材が並びます。もちろん洋食の食材も豊富に用意されています。



ホテルソニアの今むかし

ちなみに、こちらが「ホテルソニア小樽」を正面から撮影したものですが……(2016 年時点)


その後いろいろと大掛かりに改装工事などがされた……と記憶しているのですが、今は 1F はすべてレストランになった……のでしょうか?


2016 年時点では、「新館」の 1F にはロビーとフロントがあり、一角に「和食処 きた浜」があったのでした。もしかしたら、今となっては貴重な一枚かもしれませんね。



前の記事続きを読む


www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International

0 件のコメント:

新着記事